葬儀屋へ転職するには? 未経験・中途採用はある?

他業種から葬儀屋を目指したいと考える人もいるでしょう。

気になるのは、未経験でも採用されるのか、有利になる資格はあるのかといった点ではないでしょうか。

本記事では、葬儀屋への転職状況や必要な経験、志望動機の考え方などを紹介します。

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

葬儀屋への転職状況は?

転職しやすい業界で中途採用も多い

葬儀屋は、一般企業と比較すると転職しやすい職業です。

新卒の採用もありますが、他の企業で経験を積んだ人も積極的に受け入れてくれます。

仕事の性質上、葬儀屋はさまざまな場面に遭遇します。

愛する人を失い取り乱す遺族もいれば、故人に敬意を払わずに遺産ばかりに目が行く遺族もいて、若くて純粋な新卒の社員はうろたえてしまうこともあります。

しかし、他の職場である程度働いたことがあれば、経験も豊富なはずです。

多くの経験をして苦労している人、人間の弱さや悲しみも知っている転職組は、葬儀屋には向いているといえるでしょう。

同業他社からの転職

葬儀屋業界では、同業他社から転職する人もいます。

葬祭ディレクターの資格があり、長く働いた経験があれば、他の葬儀屋でも十分に仕事ができます

優秀で有能な葬祭ディレクターは、他の葬儀屋からヘッドハンティングされることもあります。

地域密着型の葬儀屋の場合、葬祭ディレクターの評判は口コミで広がっていくため、葬祭ディレクターとして実力がつけば、転職だけでなく独立することも夢ではありません

子育て後に葬儀屋へ転身

子育てが一段落した人たちも多く中途入社しています。

土日や連休、夏休みもお正月もなく働かなければいけない場合もありますが、子育てを経験した人たちには明るくたくましい人が多く活躍しています。

葬儀屋への転職の志望動機で多いものは?

葬儀屋への転職で多いのは、家族の死を間近にして葬儀屋の仕事に魅力を感じたというものです。

年齢を重ねると、身内の葬儀に関わる機会も必然的に増えます。

そのなかで葬儀屋という仕事に触れ、興味を持ったという人は少なくありません。

また葬儀屋は一度スキルを身につけると長く働ける仕事であるため、生活のために働く人もいれば、「誰かの役に立つ仕事がしたい」とやりがいを求めて葬儀屋に就職する人もいます。

葬儀屋の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から葬儀屋になるには

未経験や社会人から葬儀屋になることは決して難しいことではありません。

学歴や資格などがそれほど問われない仕事であるため、葬儀屋に就職することができれば誰でも葬儀屋になることが可能です。

葬儀屋の求人は、求人サイトや葬儀会社の公式サイト、ハローワークをはじめさまざまな場所で見つけることができるため、興味があれば一度求人情報を見てみるとよいでしょう。

葬儀屋への転職に必要な資格・有利な資格

葬儀屋になるために特別な資格は必要ないため、未経験からでも社会人からでも転職することは可能です。

葬儀屋の資格に「葬祭ディレクター」がありますが、この資格は実務経験がある人しか認定されないため、転職時に取得することは現実的ではありません

就職する上で特別有利になる資格もないため、資格の有無よりも葬儀屋の仕事に対する熱意ややる気を見せるのがよいでしょう。

葬儀屋の資格・葬祭ディレクター試験の難易度・合格率

葬儀屋への転職に役立つ職務経験は?

葬儀屋をする上で必要なのはコミュニケーション能力です。

葬儀をする上では老若男女問わずさまざまな人と出会いますし、悲しみに暮れている人に対し冷静に接しなくてはならないため、高度な接客技術が必要とされます。

前職が接客業であった場合や、コミュニケーション能力を発揮して仕事をした場面があれば積極的にアピールしましょう。

葬儀屋への転職面接で気をつけるべきことは?

葬儀屋に転職する場合、本当にこの仕事をしたいという強い気持ちをきちんと伝えることが大切です。

葬儀屋は人の死に関わる仕事であるため、生半可な気持ちではできませんし、ありきたりな志望動機では採用担当者に見抜かれてしまいます。

葬儀屋という仕事に対する熱意を伝え、どうして葬儀屋になりたいと思ったのかを自分の言葉で話せるようにしておきましょう。

葬儀屋に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

葬儀屋の求人は年齢不問とするところが多く、求人に応募する際に年齢はあまり気にする必要はありません。

大手企業の場合は定年がある場合もありますが、家族経営の小規模な葬儀屋の場合は定年もなく60代を超えても働いている人が多くいます。

一般的に40代から50代となると転職は難しいといわれますが、葬儀屋は年齢を重ねた人が好まれる傾向にあるため、採用される確率は他の業界と比べ高いといえるでしょう。

未経験から葬儀屋の転職での志望動機

葬儀屋は離職率が高く、採用側もできるだけやる気があり長く働いてくれそうな人を採用する傾向にあります。

葬儀屋に転職する際は、志望する葬儀屋や葬儀業界の仕事についてしっかりと調べてミスマッチがないようにすることが大切です。

葬儀屋への転職のまとめ

葬儀屋になるために特別な資格は不要であるため、未経験から整体師への転職を目指す人は多いようです。

葬儀屋は一度スキルを身につけると長く働ける仕事であるため、生活のために働く人もいれば、「誰かの役に立つ仕事がしたい」とやりがいを求めて葬儀屋に就職する人もいます。

葬儀をする上では老若男女問わずさまざまな人と出会いますし、悲しみに暮れている人に対し冷静に接しなくてはならないため、高度な接客技術が求められます。

葬儀屋は年齢を重ねた人が好まれる傾向にあるため、採用される確率は他の業界と比べ高いといえるでしょう。

葬儀屋への転職を考えている方へ

葬儀屋への転職を考えている人は、葬儀屋の求人が豊富な転職エージェントを利用するとよいでしょう。

業界でもトップクラスの求人数を誇るリクルートエージェントは、不動産会社の求人も1,000件以上保有しており、専任の担当者による手厚いサポートを受けることも可能です。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。