納棺師への転職・未経験からなるには?

納棺師への転職状況は?

現在活躍中の納棺師のなかにも、他業種からの転職者が多くいます。

経験・年齢を問わずに募集をかける職種であるため、転職を考えている人にとっては敷居の低い職種であるということができます。

また、葬儀会社等で働いたことがある人や、納棺師としての経験がある人は優遇されることがほとんどです。

納棺師への転職の志望動機で多いものは?

納棺師への転職の志望動機で多いものは、経験、年齢を問わずに働けるという点です。

高齢化社会を迎え、葬儀の数も増える中で納棺師の需要は増えつつありますし、未経験者でも歓迎してもらえるこの業界は、転職に踏み切りやすいといえるでしょう。

未経験・社会人から納棺師になるには

納棺師になるには、新卒の場合同様、納棺専門の業者または葬儀会社への就職を目指します。

納棺専門の業者が未経験から転職をするのはハードルが高いため、まずは比較的敷居の低い葬儀会社に勤め、葬儀の一連の仕事を覚えてから納棺の作業にチャレンジするという人が多いようです。

納棺師への転職に必要な資格・有利な資格

納棺師になるには、運転免許が必須です。

とくに納棺専門業者で働く納棺師は一日に3~4件の現場を2~3人のチームではしごし、業務にあたります。

移動手段は車であるため、全てのスタッフに普通免許の所持を義務付けている会社がほとんどです。

ほとんどの求人情報にも免許は必須と書かれているため、転職活動を行う前に必ず普通免許を取得しておきましょう。

納棺師への転職に役立つ職務経験は?

納棺師とまったく無関係と思われる職業経験であっても、社会人経験で得た知識や技術が生かせる場合があります。

理・美容師メイクアップアーティストなど美容業界での経験がある人は顔そりやメイク、整髪等の際、その技術を生かすことができます。

また看護師や介護士などの経験がある人は身体介助に慣れているため、遺体の扱いも抵抗なく行えることが多いようです。

さらに飲食店などで接客経験のある人は、遺族への対応面などでの活躍を大いに期待されます。

該当する人は面接の際に大きなアピールポイントになるでしょう。

納棺師への転職面接で気をつけるべきことは?

映画のヒットで急激に認知度が上がり、志望者も増加した納棺師という職業ですが、離職率が極めて高いことは知っておかなくてはなりません。

その業務の特性上、精神的に限界を感じる人が多いことが原因として考えられます。

納棺師への転職を考えている人は、職業研究を綿密に行い、この仕事をやり遂げる覚悟があることを伝える必要があるでしょう。

なかには職場見学を行っている会社も多数あるため、実際の現場に出向き、自身の適性と照らし合わせてみるのもよいでしょう。

納棺師に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

採用の際に年齢が問われることはあまりありませんが、キャリア形成を目的に、中には年齢の上限を定めている会社もあるため、よく確認しましょう。

ただし経験者の場合、年齢制限も緩和されることがあるため、まずは志望する企業に問い合わせてみることをおすすめします。