女性の葬儀屋のキャリアパス・結婚後の生活

女性の葬儀屋の現状

一般的に、葬儀屋は男性中心の社会といわれていますが、近年では女性の葬祭ディレクターも増えています。

かつては通夜や告別式で見かける葬儀屋は男性の場合が多かったのですが、女性のスタッフも増えつつあります。

遺体を搬送したり、故人の体を清めて着替えをさせたり、祭壇を作ったりと、葬儀屋は体力を使う仕事で、会社によっては、当番制で夜勤もこなさなければならないなど、女性には厳しい仕事であることは確かです。

ただし、女性ならではの優しさとしなやかさで遺族の気持ちに寄り添い、温かい葬式を出している人少なくありません。

また、正社員ではなく、パートとして葬儀屋で働く女性も多く、やる気があれば、女性でも葬儀屋として十分に活躍できます。

女性の葬儀屋の強み・弱み

現代では、どんな仕事でも男女の区別なく働けることが多くなりました。

しかし力を使う仕事については、どうしても女性は不利になります。

葬儀屋の仕事でも、ほとんどの作業は男女関係なくできますが、たとえば遺体を搬送するときには、ひとりでは難しい場面も出てきます。

一般的な搬送では、ストレッチャーを使えば女性でも作業できます。

しかし、もしエレベーターのない集合住宅の上の階から遺体を搬送する場合、背負って階段を下りていかなければならず、小柄な女性では難しい作業があるという点も事実です。

逆に、女性の強みを生かしてできる仕事もあります。

遺族や参列者に細やかな配慮や気配りをするなど、女性の力を発揮できる場面はたくさんあるため、自分にできることを探し、前向きに挑戦すれば葬儀屋としてキャリアを築いていくことは十分可能です。

葬儀屋の結婚後の働き方・雇用形態

葬儀屋の仕事は24時間体制で、休日もシフト制になっているところが多く、不規則な生活になります。

結婚している女性の場合は、家族の理解や協力がなければ、続けることが難しいかもしれません。

家庭と両立することを考えた場合、結婚後はアルバイト・パートや夜勤のない事務として働く道もあり、結婚したからといって葬儀屋という仕事から離れなくてはならないということはありません。

葬儀屋は子育てしながら働ける?

大手の葬儀会社では女性も働きやすいよう制度が整っていますが、小規模な葬儀会社の場合は産休や育休制度が十分ではない葬儀屋も多いため、働きながら出産したいと考えている女性は、福利厚生が整っている会社を探しましょう。

小規模の葬儀屋に就職した女性の場合、出産や育児で退職する人も多くいます。

しかし、一度身につけた知識を長く活かせる仕事のため、子育てが一段落すると、再就職して、元の職場に戻ってくる女性も多くいます。

葬儀屋は女性が一生働ける仕事?

葬儀屋は、現状女性も多く働いている仕事です。

体力面や不規則な生活などで厳しい面はありますが、正社員以外にも様々な働き方があり、また知識やスキルを生かして働ける仕事のため、長く続けられる仕事といえるでしょう。

結婚後、出産後も働きたいと思った場合は、福利厚生や家庭を持つ女性に対する待遇などをしっかりと調べた上で就職することも大切です。