「葬儀屋」の仕事とは

葬儀屋の仕事内容

葬儀屋は、亡くなった方の葬儀を管理・進行していく仕事です。

家族等から葬儀の依頼を受けると、まず家族と一緒に葬儀内容の確認をし、お通夜や葬式の手配を行います。

葬儀の当日は会場準備や司会進行、そして葬儀終了後は場内の片付けといったように、葬儀の始めから終わりまで、責任を持ってトータルコーディネートします。

これが主な仕事内容となりますが、実際には葬儀の規模や地域のしきたりによって多少異なります。

葬儀屋になるには

葬儀屋になるための一般的な方法は、葬儀業界を目指す人のための専門学校で学ぶことです。

ホテルやブライダルを扱う専門学校の一つの学科として設置されていることが多く、そこではゼロから業務に必要な知識を身につけることができるほか、就職サポートも充実していることがメリットと言えます。

また、派遣会社に登録し、葬儀の司会業などの派遣を経験するうちに業界に入る人や、コネクションを使って葬儀屋になる人もいます。

葬儀屋の給料・年収

葬儀屋の規模は、大手から中小の事務所までさまざまです。

一般的に大手のほうが収入はよい傾向にあり、そこでは年収500万円程度という人が多いです。

ただし、地域によっても多少の違いがありますし、キャリアを重ねることでもっと多くの収入を得られる可能性もあります。

なお、独立して自分で葬儀屋を立ち上げる人もいますが、葬儀の数が少なければ経営は苦しくなってしまうため、リスクも大きな挑戦だと言えるでしょう。

葬儀屋の現状と将来性・今後の見通し

人間が亡くなることは避けられないため、葬儀屋という職業は時代を問わず一定の需要がある仕事です。

ただし、最近は大手の葬儀事務所だけでなく、個人経営や家族経営の小さな葬儀屋が増加し、業界内での競争は激化しつつあります。

また、葬儀に大きなお金をかけないと考える人も増えているため、葬儀屋にとっては厳しい状況と言えます。

生き残りをかけ、時代のニーズに合わせたプランを打ち出せる人や、営業力を持った人が必要とされています。