葬儀屋の求人状況・就職先選びのポイント

葬儀屋は基本的に葬儀社に雇用されて働いていますが、ひとくちに葬儀社といってもさまざまあります。

本記事では、葬儀屋の就職先や求人の状況、その選び方などを紹介します。

葬儀屋の就職先にはどんなところがある?

葬儀を行う葬儀会社

葬儀屋の就職先は、葬儀を行う葬儀会社です。

葬儀屋では、本社で営業や事務などを担当する人もいれば、現場のスタッフとして葬儀の運営に携わる人など、さまざまな職種の人が活躍しています。

葬儀会社に就職するにはさまざまな方法があります。

専門学校卒業後の就職

葬儀会社に就職したい場合は、専門学校に通うと有利です。

専門学校では、専門的な葬儀の知識を学ぶだけでなく、就職の際にアピールできる「葬祭ディレクター技能審査」の資格をとれる学校もあります。

また、専門学校は就職のサポート体制を整え、毎年多くの卒業生を葬儀会社に送り出しているため、最新の求人募集情報も把握しています。

さらに、学校では試験や面接などの就職対策アドバイスを受けることもできます。

葬儀屋に就職した先輩も多くいるため、実際の仕事の話を聞くこともできるので、就職への不安も少なくなるでしょう。

アルバイトからの就職

高校や大学の在学中に、葬儀屋でアルバイトをするのもひとつの方法です。

専門学校で葬儀の仕事について学ぶのも勉強になりますが、実際に葬儀屋の現場を体験してみると、就職したときに役に立ちます。

アルバイトの立場では、遺族との打ち合わせや遺体の処置など本格的な現場に立ち会う可能性は少ないですが、社員の働き方を間近で見られるのは貴重なチャンスです。

仕事に関する話を社員の人たちから聞くこともできます。

働きぶりがよければ、そのまま社員になれる場合もあります。

葬儀屋のホームページでアルバイト募集の案内を出しているところもあるので、興味のある人は積極的に応募してみましょう。

葬儀屋の求人の状況

葬儀屋の場合、都市部と地方で求人の状況は異なります。

都市部では、大手の葬祭専門業者や中堅の葬儀屋が定期的に社員を募集しているので、仕事は比較的見つけやすい状況です。

とくに、大手の葬儀会社では定期的に新卒採用も行っています。

地方の場合、冠婚葬祭互助会などがある地域では定期的な求人があります。

大手の互助会は新卒採用も行い、葬祭部門は毎年数名程度の正社員を募集していますが、地方は家族経営の小さな葬儀屋も多いため、都市部に比べると仕事は見つけにくい状況です。

葬儀屋の就職先の選び方

葬儀社には、大手企業から中小規模の企業までさまざまな会社があり、家族経営も少なくありません。

その土地の風習や習慣に根ざした地域密着型の葬儀屋も多くあります。

会社の規模やコンセプトによって取り扱う葬儀の内容は大きく変わるため、自分がどのような葬儀に関わりたいのかをあらかじめ考え、就職先を考えるとよいでしょう。

葬儀屋の志望動機・面接

葬儀屋に就職をした人の志望動機は、身近な人が亡くなって葬儀を経験し、そこで働く人の姿を見て葬儀業界で働きたいと考えたという人、最近では葬儀屋をテーマにした小説や映画を見たことがきっかけで葬儀屋の仕事に興味を持つ人などさまざまです。

一般の人にはあまり知られていない仕部分に魅了されて葬儀屋を強く志す人もいます。

葬儀屋の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

葬儀屋の求人情報は、求人サイトやハローワークで調べることが可能です。

大手葬儀会社の公式サイトには採用情報が掲載されていることが多く、募集があればサイトから直接エントリーできるケースもあります。

新卒・中途問わず採用する会社もあり、必要な資格は特にありませんが、普通自動車運転免許を持っていると有利です。

葬儀屋の求人状況のまとめ

葬儀屋の就職先は、葬儀を行う葬儀会社です。

葬儀会社に就職したい場合は専門学校に通うと有利ですが、高校や大学の在学中に葬儀屋でアルバイトをするのもひとつの方法です。

都市部では大手・中堅企業が定期的に求人を出すので仕事を見つけやすいといえますが、地方で定期的な求人があるのは冠婚葬祭互助会などがある地域でしょう。

葬儀屋の求人情報は、求人サイトやハローワークで調べることが可能です。

また、葬儀会社の公式サイトに採用情報が掲載されていることもあります。