僧侶になるには? 修業は最短で何年? 通信教育でも目指せる?

僧侶坊さんになるには、仏教系のある学部へ進学し、修行を経てなる人が多いです。

ただ大学へ進学しただけや、寺院の家系に生まれただけでは僧侶・坊さんになることができず、必ず修行を積まなくてはなりません。

また僧侶・坊さんというと男性のイメージが強いですが、女性でも仏門に入ることは可能です。

僧侶・坊さんになるまでの道のり

中高生から僧侶・坊さんになるまでに決まったルートはありませんが、仏教系の学部がある大学に進学する人が多いです。

ちなみに僧侶と坊さんの違いは、「僧侶」を親しみを込めた呼び方が「坊さん」で、どちらも同じ職業を指しています。

僧侶・坊さんになるための資格はありませんが、仏門に入ることを許可してもらうための「得度(とくど)」という儀式を受けなければいけません。

僧侶の名前となる「法名(ほうみょう)・戒名(かいみょう)」をいただき、髪の毛を剃る「剃髪(ていはつ)」が行われる「得度」は、いわゆる「出家」にあたります。

「得度」を受ける前には、まず自身が信仰を持ち、仏教に関する深い理解や知識を得る努力をする必要があるため、仏教系大学や仏教を学べる学部や学科がある総合大学に進学する人が大半です。

そのほか、専門学校や通信教育でも学ぶこともできます。

中高卒業してからすぐに直接寺院を訪ね、「得度」をしてくれる師匠が見つかれば大学進学せずに僧侶・坊さんを目指すことも可能です。

ただしこの場合、「得度」のあとの僧侶になるための「修行」の年数が変わってきます。

たとえば曹洞宗では修行の最低期間が大卒では1年で済むところが、中卒では5年、高卒では2年かかってしまうことに注意が必要です。

僧侶・坊さんになるまでのルート

僧侶・坊さんの資格・難易度

僧侶・坊さんになるために、資格は必要ありません。

仏教には多数の宗派が存在しますが、それぞれの宗派によって仏門への入り方、修行の仕方、僧侶・坊さんのなり方なども異なるため確認しておくとよいでしょう。

一般的には僧侶として「得度」を受けるために、まずは大学で仏教の知識を深め、卒業後に仏門に入って修行する手順をふみます。

ちなみに仏教系の学部を卒業しただけ、寺院の家に生まれただけでは僧侶を名乗ることはできず、どのような経歴の場合も修行を行わなければいけません。

卒業後の修行は寺院で生活を送り、自由な外出が制限されます。

肉や魚料理を食べることはできない俗世から離れた厳しい修行です。

修行に耐えてはじめて一人前の僧侶として認められるため、その道のりは険しく難易度が高いといえるでしょう。

僧侶(住職・坊さん)にはどんな資格が必要?

僧侶・坊さんになるための学校の種類

僧侶・坊さんになるための学校は、大学が主流ですが、ほかにも専門学校や通信講座もあります。

日本にはたくさんの仏教系の大学があり、仏教系以外の総合大学でも仏教を専門で学べる学部が設置されているところもあるので、宗派や興味のある学問が学べるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

学費は初年度で117万円〜138万円ほどです。

宗派別では曹洞宗は駒澤大学、浄土真宗は龍谷大学、日蓮宗は立正大学、真言宗は高野山大学が有名で、仏教学部が設置されています。

中には仏教に関わりの深いインドで研修できたり、小中高校の教員免許を取得できたり、僧侶以外の資格取得ができる大学もあるので、カリキュラムや資格までしっかり検討するのがおすすめです。

そのほか専門学校もあり、昼だけでなく夜間部を設置している学校もあるので、働きながら通うことも可能でしょう。

学費は40万円〜50万円ほどで、修業年限は1年となっています。

通信講座では、大学の通信教育部や専門学校の通信講座を受けることができ、働きながら勉強したい人にも最適です。

講座によっても異なりますが学費は年間4万円から、修業年限は3年となっています。

僧侶(住職・坊さん)になるための学校と学費(大学・専門学校・通信)

僧侶・坊さんに向いている人

僧侶・坊さんになるには、仏教に興味・関心があり、信仰心を持っていることが不可欠です。

宗派ごとに教えは若干異なりますが、僧侶は仏の導きを信じ、後世に残していくという責務を追っているため、ときには信仰のない一般の人にもわかりやすく説く必要があります。

そのため、人前で丁寧に話ができる人も向いているでしょう。

また厳しい修行に耐えられるだけの忍耐力や、俗世間と離れる精神的な強さも必要です。

僧侶になると葬儀や法事などでいろいろな相談を受けることがあるので、聞き上手な人も僧侶にぴったりでしょう。

僧侶(住職・坊さん)に向いている人・適性・必要なスキル

僧侶・坊さんのキャリアプラン・キャリアパス

一人前の僧侶・坊さんになるまでのキャリアパスは、大学を卒業してから修行に入るのが一般的です。

寺院に奉職し、2年ほどの修行に入ります。

修行期間や得度の方法などは宗派によって若干異なるので、希望の寺院がある場合は直接問い合わせてみるのがよいでしょう。

見習いの間はほかの僧侶・坊さんよりも早く起床して身なりを整え、境内の掃除や配膳の準備を率先して行い、その中で時間を見つけてお経を覚えたり、唱え方を練習します。

葬儀や法事の際は住職と行動を共にし、その振る舞いや技術を学び、仏教に関する理解を深めるための勉強も欠かせません。

修行期間が終わると、いよいよ僧侶として認められ、寺院で働くことが許されます。

僧侶になったことがゴールではなく、一生修行が続くのが僧侶の仕事です。

日々の修行は欠かせず、空いた時間には仏教に関する知識を深めるなど努力をすることで、階級制度である「僧階」のランクアップや、寺のトップである「住職」も目指せます。

それ以上に仏教の教えを深め経験を積むごとに、悩んでいる人々の手助けをできたり、故人を安らかに成仏させるお手伝いができることにやりがいを感じられるでしょう。

僧侶の雇用形態

僧侶の雇用形態は、主に以下の5つです。

・正社員
・派遣
・アルバイト・パート
・フリーランス
・副業・在宅

僧侶としてデビューしたあとは修行を行なった寺院に正社員として就職する人もいますが、中には自分の生まれ育った実家の寺院の跡を継ぐなど、事情やライフスタイルに合わせた働き方を選ぶことが可能です。

近年では必要なときだけ僧侶を派遣してもらう「僧侶派遣」が人気を集めており、多くの僧侶が業務委託で派遣登録をしています。

また空いている時間にアルバイト・パートをして収入アップをはかる人もいれば、寺を持たないフリーランスの僧侶という新しいスタイルを築きあげている人も増えました。

サラリーマンや教員、公務員などと兼業しながら、副業として僧侶を続けている人もいるなど、寺の状況ややりたい仕事に合わせて雇用形態もさまざまです。

ここからは、それぞれの仕事内容や働き方の特徴について見ていきましょう。

正社員の僧侶

正社員の僧侶は、一般的な企業に勤めるように、寺院に正社員として就職する働き方です。

主に僧侶が何人も所属しているような、規模の大きな寺院で雇用されます。

仕事内容は境内の清掃や美化、寺院を訪れるお客さまの接客、葬儀や法要でのお勤め、本堂での朝夕のお勤めなどです。

メリットは寺院によっては有給休暇育児休暇社会保険などの制度が整えられており、残業代も支払われるなど、働きやすいことでしょう。

逆に僧侶が1人しかいなかったり、親子で運営しているお寺は、正社員ではなく家族経営の自営となるため、お寺が制度を整えて守ってくれるのはメリットといえます。

デメリットは働く寺院によっては週の休みが1日だけだったり、勤務時間外の仕事もすべて「修行」ととらえられ、残業代が支払われない寺院もあることです。

ちなみに朝夕のお勤めは、勤務時間内に行う寺院もあれば、「勤行(ごんぎょう)」として就業時間外に行うものの残業に該当しないととらえる寺院もあります。

細かい条件などは寺院によって大きく異なるので、応募前によく比較検討するとよいでしょう。

給料は18万円〜25万円ほどで、中には賞与が支給される寺院もあります。

派遣の僧侶

派遣の僧侶の仕事内容は、葬儀や法事法要、各種の祈祷(きとう)などの依頼が入った際に、葬儀式場や斎場、自宅、霊園に訪問して供養(くよう)や読経(どきょう)を行うことです。

この働き方のメリットは、業務委託で登録しておけば、依頼が来た日の予定が空いていれば仕事を引き受けられるので収入アップが期待できることがあげられます。

僧侶の派遣サービスは1回の依頼料金が明瞭になっているため、檀家(だんか)制度に疑問を感じていた人や、継続的な寄付が難しく僧侶との付き合いに悩んでいた人が利用しやすいサービスです。

そのためお寺の檀家に入っていない人や、菩提寺(ぼだいじ)がなくて困っている人などの手助けになることもメリットでしょう。

デメリットは、派遣会社に仲介手数料が取られてしまうことがあげられます。

会社によっては30%〜50%を超す仲介手数料が必要なケースがあり、給料は法事1回で1万円ほどとなるようです。

全国の各宗派の登録が募集されていますが、各宗派が定員になり次第登録が締め切られることもあるので、宗派によっては応募すらできないこともあるかもしれません。

しかも、仕事が常に入ってくるとは限らないことも知っておいた方がよいでしょう。

アルバイト・パートの僧侶

アルバイト・パートの僧侶の仕事内容は、境内の清掃や葬儀・法要、受付や電話対応などで、寺院によっては正社員の僧侶の仕事内容とほとんど変わりません。

中には英語力が求められ、観光で訪れる外国人観光客のガイドとして雇われる場合もあります。

この働き方のメリットは、週2〜3日から募集されていることが多いので、空いた時間を利用して勤務できることです。

またお寺によっては宗派が問われなかったりと、募集条件もさまざまなのでいろいろな寺院を経験したい人には最適でしょう。

一方デメリットは、アルバイト・パートの募集自体が少ないため、比較検討することが難しいことがあげられます。

中には受付のみ、事務作業のみの募集もかけられているので、仕事内容が限定されてしまう場合もある点に注意しておきましょう。

給料は地域や寺院にもよりますが、時給900円〜1,700円ほどとなり、試用期間中の給与は低く設定されている場合も多いです。

フリーランスの僧侶

フリーランスの僧侶の仕事内容は、派遣会社や付き合いのある葬儀屋、知り合いから依頼されたときに葬儀や法要の供養や読経を行うことです。

ほかにもお寺という枠に縛られず、塾や寺カフェの運営、ライターやYoutuberとして活躍するなどさまざまな形で活躍する僧侶がいます。

この働き方のメリットは、寺を持たずに僧侶の仕事ができることです。

寺を維持していくためには300件以上の檀家を持ち、年間1,000万円以上の収入が必要といわれていますが、近年は檀家制度が崩壊してきたことで、寺院を維持することが難しくなりました。

しかしフリーランスの僧侶は、寺を持っていなくても形を変えながら仕事をしていくことができます。

逆にデメリットは1人で仕事をしているがゆえに、派遣会社からあまり連絡をもらえなかったり、仕事が重なって依頼を断ってしまうと次の依頼につながらなくなるなど、不安定な部分が大きいことでしょう。

給料は僧侶によって大きな差があり、年収200万円程度の人もいれば、年収1,000万円以上の人もいるようです。

副業・在宅の僧侶

副業・在宅の僧侶の仕事内容は、依頼があったときに葬儀や法要の供養や読経を行うことや、境内の清掃などがあげられます。

とくに過疎化の進む地方や、小規模の寺院では僧侶と教員や公務員、サラリーマンを兼業している人が多く、珍しいものではありません。

僧侶の仕事だけで食べていくのは難しく、仏教系の幼稚園の運営や墓地の維持管理、マンション経営や駐車場経営を行う人も多いです。

この働き方のメリットは、収入を安定させることで寺院の経営を維持できることでしょう。

一方デメリットは、本業である僧侶の仕事だけでは困窮してしまい、副業にならざるをえないことです。

給料は年収200万円ほどの人から、年収1,000万円以上の人まで手がける仕事や状況によって異なります。

僧侶・坊さんを目指せる年齢は?

僧侶・坊さんを目指す年齢に、制限はありません。

大学卒業後にそのままストレートで僧侶を目指す人もいれば、社会人を経験してから僧侶を目指し始める人もいます。

僧侶の階級である「僧階」は、僧侶になってからの年数や貢献度で決まるため、若いうちに僧侶になった方がより高い階級を目指すことができるでしょう。

最近は、会社を退職した60歳以上の人が、第二の人生として出家して僧侶を目指すケースも増えています。

ただし僧侶見習いの募集の中には、長期勤続のキャリア形成のため「40歳以下」など年齢制限を設けている寺院もあるので注意が必要です。

僧侶・坊さんは高卒から目指せる?

僧侶・坊さんは高卒から目指すことができます。

ただし仏門に入門するための「得度」の儀式をしてくれる僧侶・坊さんを探さなければいけません。

宗派によってその後の修行の内容なども異なるため、直接お寺に話を聞きに行って検討するのがよいでしょう。

無事に得度が終わると修行に入りますが、大卒よりも高卒の方が長くなるのが一般的です。

そのため多くの人が大学で仏教に関する知識を深めてから、得度を受けて修行に入ります。

僧侶・坊さんは女性でもなれる?

僧侶・坊さんは男性のイメージが強いですが、女性でもなることが可能です。

女性が僧侶・坊さんを希望する場合もすべての宗派で受け入れ可能となっていて、歴史的にも男女平等に扱われてきた歴史があります。

男性と同じように仏教系の学部などで学び、寺院で修行を積み、一人前の僧侶・坊さんを目指すのが一般的です。

僧侶・坊さんの中には母親や妻である人もいて、女性にしかわからない気持ちに寄り添い親身に相談に乗ってくれることから、信頼を集めている女性僧侶が全国で多数活躍しています。

女性の僧侶(住職・坊さん)のキャリアパス・結婚後の生活

僧侶・坊さんになるにはのまとめ

僧侶・坊さんになるには、高校卒業後に修行をするか、また大学で仏教を学び修行をするか、が主なルートです。

ただし宗派によって修行の期間や内容などは異なります。

知り合いの僧侶や坊さんを訪ねたり、直接お寺に話を聞きに行ったりして、しっかりと調べておくことが大切です。