「納棺師」とは

納棺師_画像

遺体が火葬される前段階において、その状態を適切に管理しながらきれいな形で棺に納める。

納棺師は、亡くなった人を棺に納めるために必要な作業を行う人のことをいいます。

衣装を着せたり、場合によっては修復作業を施したりしながら遺体の状態を管理します。

なるために特別に必要とされる資格等はなく、葬儀会社や納棺専門会社に就職して専門知識や技術を深めていくことが一番の近道となりますが、葬儀会社では多様な業務があるため、必ずしも納棺の仕事に携われるとは限りません。

専門会社よりは葬儀会社のほうが給与水準は高い傾向にあり、大手葬儀会社の平均年収は500〜600万円程度とされています。

高齢化社会が進み、納棺の儀に重きを置かれた葬儀を多数行う地域では納棺師の活躍の場が増える一方、都市部では葬儀を簡略化させる動きも見られます。

「納棺師」の仕事紹介

納棺師の仕事内容

故人を安らかにお送りする

納棺師とは、亡くなった人を棺に納めるために必要な作業と行う人のことをいいます。

映画『おくりびと』でその存在が広く世間に知られ、興味や関心を持つ人が増加してきました。

「湯灌師(ゆかんし)」「復元納棺師」などと呼ばれることもあります。

火葬までの遺体を管理するのが主な仕事で、ドライアイス等で内臓や体全体を冷やし腐敗の進行を抑えたり、含み綿等を使って表情を整えたり、経帷子等の衣装に着替えさせたり、顔剃りや化粧をしたりなどの処理を施します。

遺族の悲しみに寄り添いながら、厳粛かつおだやかな雰囲気を作り出すことも重要な役割の一部です。

また、遺体の状態によっては特殊な技術や薬品等を用いることで、修復や長期保存のための処理を施すこともあります。

納棺師の就職先・活躍の場

納棺を行う葬儀会社など

納棺師の就職先としては、納棺業務だけを専門に行っている業者のほか、葬儀全般を執り行う葬儀会社が挙げられます。

前者の場合は遺族や病院、葬儀会社から依頼を受けて納棺作業のみを行うことになりますが、後者の場合はそれ以外に葬儀の司会進行や誘導、事務作業等の業務を総合的に担当していきます。

葬儀会社に就職した場合、葬儀に関する仕事を総合的に行うので納棺師としての業務に携われるチャンスが巡ってこない可能性もあるので注意が必要です。

納棺師の1日

チームで仕事行う

基本的に納棺作業は2~3人のチームであたり、チームワークが大切になってきます。

また納棺を行う現場はセレモニーホールの他、自宅や病院などさまざまのため、毎日働く場所が変わります。

8:30 出勤
たいていは3人一組のチームで仕事を行うため、チームでその日の流れを確認します。

9:00 出発
一日4件ほど、忙しいときには7~8件手がけます。

9:30 到着・あいさつ
現地に到着したら遺族の悲しみに寄り添いながら要望を伺い、作業に入ります。

9:45 納棺作業開始
湯灌、化粧、着替えなどを90分ほどで行います。

11:30 作業終了・あいさつ・次の現場へ移動
無事に納棺を済ませたら、遺族への声掛けを行い、次の現場へ移動します。
これを繰り返します。

17:00帰社

17:30業務連絡・退勤
翌日のスケジュールを確認し退勤します。

納棺師になるには

葬儀会社に入社する

葬儀全般を執り行っている会社に就職することが、納棺師として働くための最も一般的な方法であるといえます。

ただし、納棺は葬儀の一部に過ぎず、葬儀会社は葬儀に関する多岐にわたる業務を全て担当しているため、納棺作業を希望してもその他の業務を担当することになるかもしれません。

また、納棺や湯灌を専門に行っている会社に就職すれば確実に納棺師として働くことができます。

ただし、この業種は求人が出にくいため、場合によっては就職活動が困難になることも覚悟しておきましょう。

納棺師の学校・学費

葬儀の知識が学べる専門学校

専門学校の中には葬儀に関連するコースの設置があるところがあります。

進学するメリットして、専門学校には就職先のパイプが豊富にあり、希望の就職先に進むことができる可能性が高まるといえるでしょう。

また、専門学校の葬儀関連のコースでは納棺や湯灌に絞った専門的な学習のみならず、葬儀全般に関する広い知識を得ることができます。

ただし、どの会社も独自の研修を設けていて、入社後に知識や技術の指導をするため、こうした知識がなくても葬儀会社に就職することは十分可能です。

納棺師の資格・試験の難易度

特別な資格はない

納棺師を志す時点で必要になる特別な資格はありません。

年齢的にも性別的にも障害となることが比較的少なく、女性も活躍しやすい職種であると考えてよいでしょう。

資格が不要である代わりに入社後の研修で必要な知識や技術を学ぶことになります。

納棺師の仕事は専門の技術や知識だけがあれば務まるというものではなく、深い悲しみに包まれる葬儀という場において適切な言動、所作がとれることはもちろん、遺族へのきめ細やかな心配りが必要不可欠になってきます。

このような要素もしっかりと習得できなければ、現場に出ることはできません。

納棺師の給料・年収

一般的なサラリーマンよりも低め

葬儀会社といっても、地方によって給料にばらつきがあるようです。

というのも葬儀の在り方や様式は地方ごとにさまざまであり、その規模もまちまちなためです。

大手葬儀会社に就職し、社員として納棺作業に携わる場合、会社の規模によっては一般的なサラリーマンよりも収入は低くなることもあります。

また、納棺の専門会社に勤務する場合は、葬儀会社よりも若干低めの給与水準となっていることが多いようです。

納棺には専門的な知識や技術を必要とされますが、一般的に特別な手当てが出るということはないようです。

納棺師のやりがい、楽しさ

遺族からの感謝の言葉

納棺師のやりがいとして大きな要素を占めるのが、遺族から寄せられる感謝の言葉です。

納棺師の仕事は故人のためだけではなく、遺族あってこそ成り立っているのです。

悲しみで溢れている葬儀の場での納棺の儀は、ベテラン納棺師といえども大きなプレッシャーを感じるものです。

納棺師が遺族の悲しみに寄り添い、故人を敬う様子が伝わったとき、遺族から感謝の言葉をかけられます。

納棺師が日々の苦労や重圧から解き放たれ、明日への活力を感じることができる瞬間です。

納棺師のつらいこと、大変なこと

日々人の死と向き合う仕事

一般的に人間が死を身近に感じるのはやはり身内を失ったときでしょう。

その喪失感や悲しみは精神力を大いに消耗するもので、納棺氏は日々人の死に接する仕事のため精神の疲弊はすさまじいものであることが容易に想像できます。

また、中には痛々しく痛みが激しい遺体もあり、このような遺体の処置は大変つらく、たとえベテランの納棺師であっても目を背けたくなることもあります。

しかし、これは納棺師にしか担えない作業で、納棺師は日々強い使命感を持って業務にあたっています。

納棺師に向いている人・適性

他者を思いやれるタフな心を持つ人

納棺師の活躍の場は葬儀という厳粛な場です。

遺族の思いを汲み取った上で、言葉のみならず、所作や表情まで慈しみの思いをもって業務にあたることが納棺師にとって何より重要なことです。

これには納棺師一人ひとりが思いやりの心を持つことが必須であるといえます。

また納棺師はその業務の特性上、常に死と向き合わなければならない職業です。

死というものを自分なりに解釈し、受け止めた上で日々の現場を客観的に捉えることのできるタフな精神力は、納棺師を続ける上で必要不可欠であるといえるでしょう。

納棺師志望動機・目指すきっかけ

納棺師の仕事に触れて

現在活躍中の納棺師の多くは、入職前に身内の葬儀の席などで納棺師の仕事を実際に目にしています。

その仕事ぶりに心を動かされ、志願するに至ったという人も少なくありません。

納棺作業を目の当たりにしたときに「自分もやってみたい」という気持ちになったことは志望動機として有効です。

納棺師は離職率が高く、その80%が退職するともいわれています。

しっかりとした志望動機を考え、熱意をもって思いを伝えなければ、面接を突破するのは難しいでしょう。

納棺師の雇用形態・働き方

独立・開業の道も

納棺師という職種は業務形態もさまざまですがそのほとんどは葬儀会社か納棺専門業者に勤務しているいわゆる雇われの身です。

業務内容から考えて、極論をいえば一人でも出来る仕事でもありますが、納棺は一人で行うにはかなりの労力と時間を要するため、個人で活動するのはレアケースであるといえます。

ただし納棺や湯灌を専門に行う業者で経験を積み、人脈を作ってから、独立し、少人数で事業を始めるというケースはそれほど珍しくなく、経営が軌道に乗れば地方に事業所を開設し、会社の規模を広げることも夢ではありません。

納棺師の勤務時間・休日・生活

勤務時間は一般企業と同様

納棺師の就業時間は一般企業と同様です。

日によって手がける件数の増減や現場への距離も異なるため、始業、終業共に多少のずれはありますが、一般的な会社員と勤務時間はほぼ変わらないと考えていいでしょう。

ただし、季節によっては葬儀の数が増え、1日に5件以上の現場をはしごすることもあります。

また葬儀の予定によっては時間外の作業を依頼されることもあるため、ある程度の残業は覚悟しておいた方がよいでしょう。

基本的にはシフト制であることがほとんどであるため、休日は不定期になることが多いです。

納棺師の求人・就職状況・需要

求人は決して多くはない

納棺師の求人は他の職種に比べると求人数は決して多くありません。

納棺師は離職率が高いため、口コミやコネクションを使った採用が多いといわれているためです。

どうしても納棺の仕事がしたいのであれば、自ら納棺をしている業者に問い合わせてみるのもよいでしょう。

もし納棺作業以外の葬儀関連業務に携わる心づもりがあれば、葬儀会社への就職を目指すのも一つの方法です。

ただし、葬儀会社の場合、必ずしも納棺作業に特化した勤務ができるわけではなく、葬儀全般に関わることになることをよく理解しておきましょう。

納棺師の転職状況・未経験採用

転職者が多く活躍している

現在活躍中の納棺師は、他職種からの転職者が多数います。

経験、年齢を問わずに募集をかける職種であるため、転職を考えている人にとっては敷居の低い職種と言えるでしょう。

納棺師の募集はそのほとんどが経験不問のため、高校を卒業していれば学歴が障害になることもほとんどありません。

年齢制限は不問としているところもある一方、キャリア形成のため35~40歳位を上限としているところもあります。

ただし経験者の場合はこの限りではないこともあるので、希望の企業があれば相談してみるのもいいでしょう。

納棺師の現状と将来性・今後の見通し

超高齢化社会と納棺師

高齢化社会の進行により、必然的に死亡者数が増加傾向にあるため、葬祭業界の需要も増える傾向にあります。

最近では、故人の希望や個性を尊重してさまざまなスタイルの葬儀が執り行われるようになってきています。

葬儀も葬儀会社任せではなくなってきているため、今後、葬祭業界の市場は拡大し納棺師を含む葬祭スタッフの需要も増えることになるでしょう。

これからの納棺師はさまざまな利用者の要望に応えられるように、より技術を向上させるのみならず、市場の動向を見ながら新しいサービスの構築に励む努力が必要であるといえるでしょう。