このサイトは納棺師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「納棺師」

仕事内容
納棺師は、亡くなった人を棺に納めるために必要な作業を行う人のことをいいます。具体的には、火葬まで遺体の状態を管理しつつ、遺族や参列者が故人と対面できるように遺体に衣装を着せるなどをして見栄えを整えます。遺族の悲しみに寄り添いながら、厳粛に、かつおだやかな雰囲気を作り出すことも重要な役割の一部です。また、遺体の状態によっては特殊な技術や薬品等を用いることで、修復や長期保存のための処理を施すこともあります。
なるには
納棺師になるのに、特別に必要とされる資格等はないため、葬儀会社あるいは納棺の専門会社に就職することが一番の近道となります。ただし、葬儀会社では事務や送迎など多様な業務があり、納棺の仕事以外を任される可能性もあります。一人前の納棺師として働くうえでは専門技術や知識に加え、葬儀というセレモニーの場において適切な言動や所作がとれること、遺族へのきめ細やかな心配りができることが必須条件となります。
給料
大手葬儀会社に就職し、社員として納棺作業に携わる場合の平均年収は500〜600万円程度とされています。管理職としてマネジメントに関わる場合は年収1,000万円を超えることもありますが、現場での納棺業務に携わる場合、会社の規模によっては一般的なサラリーマンよりも収入は低くなることもあります。また、納棺の専門会社に勤務する場合は、葬儀会社よりも若干低めの給与水準となっているようです。
将来性
超高齢化社会が進み続ける今、葬祭業界の市場はこれからも拡大するものと予測されています。近年は故人の希望や個性を尊重したユニークなスタイルの葬儀も増えており、とりわけ納棺の儀に重きを置かれた葬儀の場合、利用者のニーズに応えられる納棺師が必要とされます。一方、都市部においては葬儀を簡単に済ませる動きも強くなっており、地域によって葬儀に対する考え方に差が広がっているのが実情です。