葬儀屋として独立・開業するには? 経営は大変?

葬儀屋になるにあたって、独立して活躍できるのかが気になる人も多いでしょう。

本記事では、独立・開業したの葬儀屋の働き方、独立に必要なことなどを紹介します。

独立・開業で葬儀屋をするには?

葬儀屋をする際に、特別な資格や許可は必要ありません。

そのため、誰でも葬儀屋をはじめることができます

ただし、霊柩車を導入する場合には「貨物自動車運送事業法」で指定された基準を満たして陸運局などへ申請することが必要です。

独立・開業に当たっての注意点

地域性を留意する

独立・開業する際は、その地域にどのような宗教の人が多く、どのような葬儀が行われているかを事前に調べる必要があります。

日本では地域によって宗教・宗派に偏りがあり、地域独特のしきたりゃ葬儀の形態などがあるため、それにマッチした葬儀を出せるようにしましょう。

また、営業する地域の人口や年齢層などを調べ、どの程度需要があるかを予測することも大切です。

競合他社との比較

葬儀を依頼する場合、新しい葬儀会社よりも、安定し地元に根づいた葬儀会社を選ぶのが一般的です。

そのため、大手企業や地元企業がどのような価格帯やプランで葬儀を行っているのかをリサーチし、それに打ち勝つプランをたてなくてはなりません。

ほかの葬儀会社と比べ、自社はどのようなサービスができるか、またどれだけ料金を抑えられるかなど、差別化をはかることが成功へのカギへといえます。

地域の人々との交流

葬祭会社は、口コミで依頼が増える信頼重視の仕事です。

広告を打つことも大切ですが、地元行事へ参加したり、イベントへ寄付したりするなど、地元の人々との交流を積み重ねることが仕事の獲得につながります

葬祭会社はただでさえ偏見を持たれやすい仕事であるため、普段から市民と交流を図り、会社としてだけでなく人としても信頼を得ることが大切です。

新たな葬儀会社の台頭

専門性を生かした葬儀会社

葬儀会社というと、葬儀場(セレモニーホール)を持ち、葬儀に関するすべての仕事を自社で賄う企業がほとんどでした。

しかし最近は、葬儀の装飾だけを行う会社、司会進行の身を専門に行う会社など、葬儀の専門性に特化した仕事だけをする企業が増加しています。

特に都心部などに多く、葬儀場を持たずに個人の自宅や公民館などに祭壇を設置し葬儀を行うため、建物の維持費がかからず、スタッフの数も少なく済み、経費を抑えられるのが魅力です。

また、葬儀の依頼が重なったり大きな葬儀が入ったりしたときには、派遣会社などを通じ外部のスタッフに依頼することで人件費を抑えることができます。

これまでにない独自のプランがある葬儀会社

自由度の高い葬儀を行うことができる葬儀会社が近年人気を集めています。

故人の趣味のものを飾ったり、無宗教で葬儀を行ったりすることができたりするなど、葬儀の形が多様化していく中で、慣例にとらわれない独自の葬儀ができることは大きな強みになります。

生前から自分の葬儀について考える人が増える近年では、利用者の数が増えれば口コミが広がり、「ぜひここで葬儀をしたい」という人も増えてくるでしょう。

葬儀屋の独立・開業のまとめ

葬儀屋をする際に、特別な資格や許可は必要ありません。

日本では地域によって宗教・宗派に偏りがあり、地域独特のしきたりゃ葬儀の形態などがあるため、独立の際はそれにマッチした葬儀を出せるように事前によく調べましょう。

ほかの葬儀会社と比べ、自社はどのようなサービスができるか、またどれだけ料金を抑えられるかなど、差別化をはかることが成功へのカギへといえます。

また、葬儀の形が多様化していく中で、慣例にとらわれない独自の葬儀ができることも大きな強みになります。

地元行事へ参加したり、イベントへ寄付したりするなど、地元の人々との交流を積み重ねることが仕事の獲得につながりますから、大切にしましょう。