僧侶(住職・坊さん)の1日のスケジュール・生活スタイル

僧侶の業務スケジュール

1日の働き方の特徴

僧侶の業務スケジュールは、仏門に入ったばかりの新人と、寺院の責任者である住職とでは異なります。

寺院や宗派によってもスケジュールは異なりますが、一般的に修行僧は早朝3:00〜5:00頃から掃除や修行を行い、21:00〜23:00頃に就寝です。

僧侶は日常生活自体が修行であると考えられるため、起床した瞬間から寝るまでが勤務時間と考えられるでしょう。

一方お寺に住み込みの住職や、中堅の僧侶の場合は早朝の開門に合わせて5:00〜7:00頃から掃除や朝のお勤めをスタートします。

お通夜など夜にスケジュールが入っていなければ、18:00前後の閉門に合わせて業務終了となるのが一般的です。

しかし、人が亡くなるのに時間は関係ないので深夜や早朝の電話にも対応する必要があり、24時間勤務であるともいえるのでしょう。

繁忙期・仕事内容

僧侶にとっての繁忙期は、お盆やお彼岸の時期で、1日に何軒もの檀家の法事をまわり読経を行います。

また空いている時間には、仏教史や仏のありがたい教えを学び、研究することも必要です。

地域などから講演等の依頼も多く、一般の人にわかりやすく仏教の話を伝える役目も担っています。

中には大学等の教育機関で教鞭をとったり、書籍の執筆に携わったりしている僧侶もおり、自身の研鑽には手を抜きません。

古くは民衆に「先生」と呼ばれる職業であった僧侶は生涯を通じて学問に励む必要があるといえるでしょう。

このように僧侶の業務スケジュールは、お寺やキャリアによっても異なり、朝早くからときには夜遅くまで対応することもある仕事です。

住職として働く僧侶の1日

まずは住職として働く僧侶の1日を、タイムラインに沿ってみていきましょう。

6:00 起床
起床したら身支度をし、寺院の門を開けて境内を掃除します。
6:45 朝のお勤め
本堂で朝の読経を行い、仏さまに水やお花などをお供えします。
7:30 朝食
朝食は玄米、漬物、味噌汁、野菜の煮付けといったいわゆる「精進料理」です。
8:00 告別式に出発
用意を整えたら、檀家の告別式に出かけます。
9:00 告別式にて読経
告別式にて読経をし、出棺、火葬まで立ち会い、その都度故人の成仏のために読経を行います。
12:00 檀家と食事
告別式を終え、檀家から同席を依頼された場合はその後のスケジュールがなければなるべくご一緒するようにしています。
13:00 寺院に戻り準備
退席したら寺院に戻り、別の通夜に列席するための準備をします。
14:00 講演会準備
通夜に出発するまでの時間を使って、地域から依頼された講演会での講義内容を整理して隙間時間を効率よく使うことも大切です。
15:30 通夜に出発
通夜に出発し、斎場に到着したらご遺族に挨拶し、個人を労います。
17:30 通夜開始
通夜が開始したら、すべての参列者がお焼香を終えるまで読経を続けます。
19:00 通夜終了
最後の参列者が帰宅して通夜が終了したら、遺族に挨拶をして退席します。
20:30 寺院に到着
寺院に到着しますが夕食は取らないため、このまま残っている事務作業などを行ってしまいます。
21:00 読経
遅くなってもお勤めが必要なので、この日最後の読経を行ったらいったん業務終了です。
21:45 就寝
身支度を済ませ、就寝準備をしますが、住職は「住む職」という名前のとおり、お寺に常駐して対応する役職なので、深夜や早朝でも電話や来客者がいれば対応をします。

中堅として働く僧侶の1日

ここからは副住職などの中堅として働く、一般的な僧侶の1日について見てみましょう。

7:00 開門・清掃
身支度を済ませたら、寺の門を開けて境内の清掃を行います。
7:30 朝のお勤め
本堂へと移動し、朝のお勤めで読経などを行います。
8:00 朝ごはん
古来の仏教では、一日一食正午前に食べる昼食のみとされてきたため、朝ごはんは粥などの軽めの「小食(しょうじき)」をいただきます。
9:00 事務作業開始
葬儀や告別式、法要などがなければ、会計などの事務作業を進めます。
11:00 昼のお勤め
仏殿に移動し、昼のお勤めを行います。
12:00 昼食
仏教で唯一の食事である昼食ですが、ごはんと漬物、味噌汁のシンプルな献立です。
13:00 案内状作成
お盆やお彼岸が近くなると、檀家さんに法要の案内状を作成して送るほか、来訪された檀家さんのお話を伺ったり、電話対応をします。
15:00 イベントの打ち合わせ
お寺で行う地域を盛り上げるイベントを企画していて、ボランティアスタッフに協力してもらい打ち合わせを行っています。
16:00 夕方のお勤め
夕方のお勤めで、読経などを行います。
18:00 閉門・勤務終了
お通夜などの予定がない場合は、お寺の門を閉めたら業務終了です。