薬剤師の仕事内容

医薬品のスペシャリスト

薬剤師は医薬品に関するスペシャリストです。人々の病気やケガを治すために、薬を調合したり研究したりするのが仕事です。

一般的によく知られている薬剤師の活躍の場は、調剤薬局です。

「調剤」とは、医師が出した処方せんをもとに正しい分量で薬を調合することです。

その際、医師が指示した薬がその患者さんにとって問題がないか、確認をする作業も行います。医薬分業という考え方があり、医師と薬剤師がそれぞれ薬剤を確認することによって、医療ミスを防ぎます。

最終的に患者さんに手渡す前にも別の薬剤師がチェックをする仕組みになっており、何重もの確認の上で患者さんに薬が渡ります。

病院で働く薬剤師

病院で働く薬剤師もいます。病院はたくさんの入院患者がいるため、注射液や点滴の輸液から内服薬までさまざまな薬が必要になります。こうした薬を管理し、一人ひとりに合わせたものを用意するのが病院薬剤師の仕事です。

近年、医師、看護師、栄養士などとチームを組み、チーム医療を行う病院が増えてきています。医療現場に近いところでは、より高度な知識が必要とされています。

医療と患者さんの架け橋

薬剤師は、服薬指導も行います。服薬指導とは、どの薬をどのようなタイミングで飲めばいいかということです。食前、食後、服薬する錠剤数などを患者さんにわかりやすく説明します。

その際、薬剤に関する患者さんからの疑問や質問などに答えるという役割もあります。

また、患者さんが他にも薬を飲んでいないか、アレルギー体質ではないか、妊娠していないかなど、薬の副作用を起こす条件がないかどうかを手渡す際にしっかり確認しなければいけません。

調剤薬局で働く場合も病院で働く場合も、患者さんに副作用が出ないように注意するのも薬剤師の大事な役割です。

正しく、安全に薬を使ってもらうために、医療と患者さんの架け橋となるのが薬剤師です。

さまざまなところで活躍する薬剤師

研究機関

民間の製薬会社や大学の研究機関でも薬剤師が働いています。難病やがんを治療できるような最新の薬を作りだすことをめざして、日夜薬の研究をしているのです。

薬の臨床実験やデータ収集に携わったり、厚生労働省に申請する新薬の承認申請書を作ったりして、新薬開発に貢献しています。薬の研究は世界的に行われているため、海外の企業で活躍している薬剤師もいます。

競争率が高く、学歴が高い方が採用されやすいと言われています。

MR

製薬会社には研究職以外にも医薬情報担当者(MR)としての仕事があります。

MRは病院などに対して自社製品の薬の情報提供をするのが仕事です。薬に関する豊富な知識を生かすことができる仕事なので、薬学部で勉強した人たちの一部は製薬会社に就職し、MRとして活躍しています。

ただし、MRは必ずしも薬剤師でないとなれないという職業ではありません。

ドラッグストア

市販薬を扱うため、専門知識が求められることは少ないですが、さまざまなタイプの客に対応しなければなりません。とくにコミュニケーション能力が求められる職場です。

また、本来の薬剤師としての仕事以外にも、レジ打ちや品出しなどドラッグストアの店員としての仕事もあります。

官公庁

国の研究機関や薬を認可する厚生労働省などでの仕事です。採用人数がかなり少なく、公務員ということで人気があり、ここで働くことは難関です。なお、麻薬検査官も薬剤師が担っています。

施設別の薬剤師数

施設別に薬剤師の数をみると、最も多いのが薬局の161,198人、次いで病院・診療所の54,879人、医薬品関係会社の43,608人となっています。
施設・業務の種別にみた薬剤師数_26