薬剤師の志望動機・例文

志望動機は具体的に

薬剤師になるための就職試験では、必ず志望動機を聞かれます。自分が薬剤師を志した理由や、薬剤師の仕事を通して実現したいと思ったことをできる限り具体的に述べながら、積極的に自分を売り込みましょう。

たとえば「子どもの頃に持病で病院に通っていて、薬局でテキパキと薬を調剤してくれる薬剤師の姿に憧れていた」「軽い気持ちで塗った薬の副作用で皮膚が荒れてしまったことがあり、薬の説明の大切さに気付いた」など自分と薬のエピソードを交えながら志望動機を述べるのです。

また、就職を希望する場所に合わせた未来像を語ることも大切です。地方の薬局であれば「お年寄りにもわかりやすい説明ができるような薬剤師になりたい」という希望を持つことができますし、がん治療の研究が盛んな病院であれば「がん治療の薬に関するスペシャリストになりたい」いうような希望を持つこともできます。

なぜ自分が薬剤師という職業を選び、なぜここに就職したいと思ったのか、具体的に考えた上で面接に臨むことが大切です。

「長く続けられそう」だけではNG

薬剤師をめざす人には女性が多く、志望動機として「女性でも安定した収入を得ることができる」「結婚や出産で退職してもパートやアルバイトで高給で働ける」「仕事を長く続けられそう」というような待遇面の魅力を感じている人もいるようです。

しかし、こういった志望動機は、就職試験ではあまり前面に出さないほうが良いでしょう。

近年、薬剤師を養成するための大学は急増しており、いずれ薬剤師の供給が需要を上回る日が来るのではないかと懸念されています。薬剤師どうしの競争が激しくなれば「どんな志を持っているか」「どんな分野のプロフェッショナルをめざすのか」がより厳しく問われることになります。

就職試験においては必ず、仕事内容に即した志望動機や仕事面での目標を明確に語れるようにすることが大切です。