女性の鳶職人

圧倒的に男性優位

鳶職人として活躍している女性は全国的に見ても数えるほどしかいません。その理由としては、やはり男女の身体能力の差にあると考えられます。

肉体労働である鳶の仕事は女性には厳しいものであるといえるでしょう。

その結果、女性の鳶職人が一人もいないという事業所も数多く存在します。

伝統的に女人禁制という場合も

女性の社会進出が目覚ましい現代社会において、それまで男性中心であった業界で活躍する女性も増えてきています。

しかしそんな中、鳶の世界では工事現場に女性が立ち入ることを禁じていたかつての慣習をそのまま踏襲している事業所も少なくありません。

このような理由からも鳶業界は女性の受け入れ態勢が整っていない場合が多いのです。

また、現場には女性用の更衣室やトイレなど設備もないため、女性にとって働きやすい環境であるとは言い難いのが正直なところです。

鳶の現場で輝く女性達

鳶職人の世界が女性にとって厳しい環境であることは前述の通りですが、そのような中、男性の中で活躍する女性も少数ではありますが存在します。

額に汗しながら、女性ということを感じさせずに作業に励む姿勢は大変魅力に溢れており、女性鳶職人の将来を明るく照らしているといえるでしょう。

中には1級とび技能士試験に合格した人もいます。

女性鳶職人の将来

鳶職人としての経験を積んだ後は現場監督として地上で現場の管理を担当する女性もいます。

他にも、経理などの事務方に転ずる場合もあるようです。また現場での経験を生かして、職業訓練指導員(とび科)として活躍する女性もいます。

現場以外でも鳶職に携わる方法があることも知っておくとよいでしょう。

志願は熟考が不可欠

男性であっても肉体的に厳しく、離職者が後を絶たない鳶の世界に女性が飛び込むことは決して容易なことではありません。

また女性鳶に対する社会的認知もまだまだ低い状態です。鳶職人を志願する女性はこの状況をよく理解した上で就職活動をはじめましょう。

体力や精神力に自信のない人は日ごろの生活から改めることが必要です。

そして何より、鳶の仕事を深く理解し、明確な志望動機と情熱を持てる水準まで引き上げることが求められます。