商品企画への転職、未経験採用

同業種内で未経験から商品企画へ

たとえばキャラクター企業でマーケティング職としてキャリアを積んでいる人が、別のキャラクター企業の商品企画職へ転職するケースです。

勤務先でなかなか商品企画への移動を考慮してもらえない場合などに、いっそ商品企画職を募集している企業に転職してしまおう、というわけです。

業種内の事情に精通しているだけでも強みにはなりますが、マーケティング、デザイン、開発などの職種を経験していると、商品企画に必要な知識やノウハウを持っているだけでなく、別部門からの視点を持ち込めるので、重宝されるでしょう。

業界をまたいで未経験から商品企画へ
業界と職種を同時にまたいで商品企画に転職したい場合は、同業種内での転職よりもハードルは上がります。

業種が違えば、転職先の業種についての知識がない状態でスタートするからです。加えて商品企画の仕事が未経験であれば、採用する側としても慎重にならざるを得ないでしょう。

しかし例えば、百貨店でアパレル部門のバイヤーをしており、センスが良く売れる商品を発掘していた人が、アパレルメーカーの商品企画へ転職する、というケースはありえるでしょう。

小売業と製造業で業種は違っても、共通知識が多く、しかも買い手の視点を持ち込めるという長所があるからです。

未経験から異業種の商品企画職にトライしたい場合は、転職先の業種についての知識が多少でもあるか、前職で華々しい業績があるなどのアピールポイントが必要になるかもしれません。

同企業内で商品企画に移動するために

「転職」は勤務先企業を変更することですが、商品企画はとても人気が高い職種なので、同企業内で商品企画に異動を希望している人は多いのではないでしょうか。

商品企画部門に移動が決まりやすいキャリアや業績はどんなものでしょうか?

たとえば食品メーカーで営業職だった人が、積極的に商品企画部に意見を出しており、それが実際に商品に反映された実績があったりすると、大きなアピールポイントになるでしょう。

また、会社によっては変わったバックグラウンドを持つ人を積極的に商品企画に異動させることもあります。

たとえば理系がメインの商品企画部門に美術大学卒業者を配属することで、新しい風を入れるようなケースです。

いずれの場合でも、現職でしっかり実績を作り、商品企画職にどんなプラスポイントをもたらせるかアピールすることが大事でしょう。