整体師の悩み

治療方針が理解されないことがある

整体は身体のバランスを整え、自然治癒力を引き出すことで様々な不調を改善させる施術です。

そのため、即効性という面では他の治療に劣る部分があるのは否めません。

継続して通うことで根本原因から改善していくという特性からそれは仕方のないことなのです。

しかし来院した客野中にはすぐに不調を取り除いてほしいと思う人が多いのも事実です。

継続治療を受ける前に「効果がない」などマイナスの判断をされ、トラブルになってしまうケースもあり整体師の大きな悩みの種となっています。

自身の治療方針をしっかりと分かりやすく説明し、一人でも多くの客に理解を求め、信頼を得るべく奮闘しています。

継続して来院する客が少ない

整体師のもとを訪れる客は言うまでもなく身体の不調の改善を目的としています。

自身のもとを訪れる客が多ければ多いほど特に個人経営の整体師の場合は経営の安定を図ることができるため、まずは新規顧客の開拓が第一です。

しかしそれ以上にリピーターを得ることに苦戦している整体師が多いといえます。

というのも来院後、症状が和らげば客は整体院への足が遠のいてしまいます。

しかし整体は前述のように身体のバランスを整え、自然治癒力を高めることを目的としているため、頻度が少なくなったとしても継続的な来院でさらに効果を高めてほしいというのが本音です。

また、自然治癒力が引き出されるのに長い時間がかかったり、好転反応と呼ばれる諸症状が引き起こされたりすることを理由に他の治療機関に移るケースも珍しくありません。

このように固定客を得ることに苦労している整体師が多いといえます。

客とコミュニケーションがとれない

施術は言うまでもなくマンツーマンで行われます。

症状を聞いたり、普段の生活で心掛けることを伝えたりと会話することはたくさんあるわけですが、このコミュニケーションに苦手意識を持っている人も少なくありません。

時には施術からは離れた世間話をする必要も生じるため、得意不得意がはっきりと分かれてしまう分野なのです。

とはいえ、施術者の人柄も客としては大切な要素になってきます。

手技のスキル向上に努めることに加え、日頃から他者との会話を楽しむ姿勢を持ちたいものです。