整体師の勤務時間・休日

休日はシフト制が多い

整体院の休診日は、週1回または無休のところが多く見受けられます。

整体院の休診日が整体師の休日になりますが、上記のような休診日の場合、休みはシフト制となります。

1ヶ月に6日〜8日休みとなることが一般的ですが、面接時に応相談となっているところも少なくありません。

もちろん勤務日数が多いほど給料は増えますが、自分の体力を考えて、無理のない勤務体系となるよう心がけましょう。

土日は勤務したくないという人が多いため、土日勤務できる人は歓迎される傾向にあります。

逆に日曜日は毎週休みたいといった人は、日曜が休診日の整体院を探してみましょう。

基本は8時間勤務のシフト制

整体師の勤務時間は勤務している整体院により違いますが、おおむね9時開院で20時閉院ぐらいとなります。

掃除や着替えなどを含めた準備時間があるので、整体師がいる時間は、8時半から20時半といったところでしょう。

しかし、開院から閉院まで長時間に渡って勤務するというわけではなく、シフト制で実働8時間勤務で必要に応じて残業をすることが基本です。

大手の整体院の場合は、勤務時間や休日に関してはきちんとシフトを組まれている傾向にあり、労働時間が決まっているので、比較的働きやすいと感じられるでしょう。

しかし、大手の整体院の場合は、仕事帰りの社会人のニーズに応えて深夜まで営業していることがあります。

そうなると、3交代制のシフトとなり、帰宅が遅い時間となってしまうこともあるので、気になる方はよく調べておきましょう。

一方、個人経営の小さな整体院の場合は、受付終了間近に急に来院する患者さんの対応や、休診日であっても施術して欲しいという無理な要求をする患者さんでも、院長の一存で応じてしまう場合があります。

個人経営の整体院の場合はアットホームで楽しく働けるメリットがあるものの、急な残業が多い可能性もあることを心得ておきましょう。

整体師の休日の過ごし方

整体院が休診であれば、基本的には整体師も休日です。

整体師の休日の過ごし方は、人それぞれですが、向学心のある人は、整体の講習会やセミナーに参加し、整体の技術を磨いたり、整体の検定試験や新たな整体の民間資格取得に向けて勉強しています。

これからの整体師は、普通の整体だけではなく、美容整体、産後整体など専門性を持てるかどうかがポイントになってきます。

従って、自分が整体師になったときには、将来的に安定した収入や地位を得るためにも、なるべく時間のあるときには自己研鑽に励むようにしましょう。

仕事体験談