整体師の一日

整体師は活躍の場は多岐に渡っています。スポーツトレーナーとしての整体師であったり、介護系の整体師であったりとその種類によって勤務時間や勤務内容もさまざまです。

とはいえ、整体師として従事されている方のほとんどは、整体院に勤めている場合が多いのではないでしょうか。ここでは、参考として整体院に勤めた場合の1日の業務の流れを説明していきます。

整体師の1日

9:00 出勤

着替えなどの準備などを行う。

9:20 掃除

院内を清掃します。前日に片付け忘れたものなどがあったら、定位置に戻しておき開院に備えます。

9:40 カルテチェック&ミーティング

予約に入っている患者さんの確認と施術方法などを、スタッフ全員でミーティング。自分の担当の患者さんについても確認しておきます。

10:00 開院

予約した患者さんが来院してきます。

新規の患者さんであれば問診などから始め、何回か通院している常連の患者さんであれば、近況を聞きながらいつもの施術をしていきます。

13:00 休憩

前半の部と後半の部を分け、3時間ほど休憩をとる整体院もあります。

その場合、休憩が長時間となるため、自宅が近ければ一旦帰宅したり、医院のベットで仮眠をとる人もいます。

16:00 後半の施術開始

前半とは違い、常連の患者さんが多くなります。いつも通り行う施術をしていきます。

18:00 仕事帰りなどの方が増える

夕方になると、仕事帰りのサラリーマンやOL、部活帰りの学生などの患者さんが増えます。

20:00 受付を終了

21時までの営業だったとしても、整体は問診などから開始して施術時間を加味すれば、1時間は超えてしまうので、多くの医院が1時間前に受付を終了しています。

21:00 勤務終了

簡単な院内の清掃と明日の予約患者さんのカルテなどを確認・ミーティングをして、一日の仕事が終了します。

21:30 帰宅

整体院は個人で開院しているケースが多く、営業時間はさまざまです。

開業している土地に合わせ、夜遅くまで営業している整体院もあれば、19時には帰宅できるところもあり、帰宅時間は勤務先によって異なります。

業務内容に大きな差はありませんので、自分にあった勤務時間の整体院を探すのもよいでしょう。

仕事体験談