臨床心理士になるには

臨床心理士の資格を取得する

現在の日本には、心理系の国家資格が存在しておらず、複数の民間資格が乱立する状態となっています。

そのうち、臨床心理士資格は心理系の中で最も信頼性の高いものとして知られていますが、臨床心理の仕事をするうえで絶対に必要とされる資格ではありません。

しかし、実際に「学校のスクールカウンセラーになりたい」「民間の相談所のカウンセラーになりたい」などと思った場合、臨床心理士の資格を持っていることで大きく優遇されることがあります。

企業や病院などによっては、臨床心理士の資格を採用の条件に掲げているケースも珍しくはありません。

資格の取得方法

臨床心理士の資格は、「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」が認定しています。

この資格認定試験は誰でも受けられるものではなく、受験資格として「指定大学院(1種・2種)を修了した者」や「臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者」などが挙げられています。

ですから、これから臨床心理士を目指そうとする人は、基本的に臨床心理士の指定大学院もしくは専門職大学院を目指すことが必須となります。

公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会ホームページ

<臨床心理士資格審査の主な受験資格>

・指定大学院(1種・2種)を修了した者 ※第2種は1年以上の実務経験が必要。
・臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
・諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴および必要な心理臨床経験2年以上を有する者
・医師免許取得者で、必要な心理臨床経験2年以上を有する者

指定大学院と専門職大学院を卒業する

「指定大学院」も「専門職大学院」も、受験するためには一般的に「大卒(卒業見込み含む)」以上の学歴が求められます。

大学の学部・学科は特に問われませんが、心理学の単位や卒業論文などの要件を満たさなければ受験できない大学院もあります。

一部、専門学校卒業でも受験可能な大学院はあるものの、数はあまり多くありません。

なお、大学院の入試試験では心理学の基礎知識が問われます。

将来的に臨床心理士になりたいと考えているのならば、大学の心理学系の学部を卒業したのちに、指定大学院や専門職大学院に進むほうが、より可能性は広がるといえそうです。

指定大学院1種と2種の違い

・1種の指定大学院
→ 修了後、すぐに臨床心理士試験が受験可能。

・2種の指定大学院
→ 修了後、1年以上の実務経験を経ないと受験資格が得られません。

臨床心理士資格審査に合格する

指定大学院や専門職大学院を卒業後、「臨床心理士資格審査」に合格することで、臨床心理士の資格を取得することができます。この試験は年に1回東京で実施されます。

一次試験は筆記試験(マークシート+小論文)、二次試験では面接が行われます。合格率はおおよそ60%となっています。

臨床心理士試験の難易度・合格率

資格認定後の進路

資格認定された臨床心理士は、病院、保健所、大学、研究機関、児童相談所、警察関係機関、また一般企業にいたるまで、さまざまな領域で活躍しています。

これらの中には臨床心理士の資格がなくても活躍できる場もありますが、臨床心理士として生計を立てることを考えるのであれば、やはり資格の取得は目指しておくに越したことはありません。

臨床心理系の仕事は、たとえ資格を取得したとしても正規雇用での採用は決して多くありません。

非常勤でいくつかの場所をかけ持ちしている人が多いのが現状ですから、資格がなければより厳しくなると考えておいたほうがよいでしょう。

臨床心理士に求められる能力

包容力

心に悩みを抱えた人の話を聞く仕事なので、どんなことも受け入れることができる包容力が必要です。また、相談者にとって話しやすい親しみやすさや信頼感があることも大切です。

忍耐強さ

カウンセリングはすぐに解決されるものではなく、長期に渡ることもあります。そうした中で相談者が一歩ずつ回復していくのを見守る忍耐強さも求められます。

臨床心理士の今後の見通し

「いじめ」「リストラ」「景気悪化」など社会的な問題による不安感が蔓延し、学校や職場などにおいて心に悩みを抱える人が増えてきています。

また、日本においても欧米諸国と同様、昔に比べて「カウンセラーに相談する」ということ自体が一般的になりつつあり、心の問題を扱うスペシャリストである臨床心理士への期待は高まっています。

臨床心理士を目指す人が増えている一方、臨床心理士が国家資格化されていない現在では、その社会的立場がなかなか確立されていないところがあります。

より良い待遇で働くことを期待したい場合には、きちんとした知識を身に付けたうえで、できるだけ多くの臨床経験を積むことが必要になってきます。