臨床心理士の勤務時間・休日

日中の勤務が一般的

臨床心理士の勤務時間は、勤務先によって異なります。福祉施設や民間の研究機関、また一般企業などに勤務する場合は、朝9時から18時ごろまで、実働7〜8時間程度の勤務となることが一般的です。

しかし、会社員を相手にするメンタルクリニックなどの場合は20時や21時まで勤務するところもありますし、病院での勤務の場合、職場によってはまれに当直が入る可能性もあります。

残業に関してもまちまちですが、あまり人員が多くない職場では、時間外に書類作成などの事務作業をこなす必要があり、どうしても残業時間が多くなる場合もあります。

クライアントがあってこその仕事なので、相手の都合によっては日によって決まった勤務時間が多少ズレることも考えておかなければなりません。

非常勤の場合は、1日に数時間の勤務であったり、クライアントのカウンセリング予約が入っている日だけ出勤するなど、常勤よりも短時間の勤務になることが多いです。

休日

土日祝日を休日とする職場が多いですが、総合病院などに勤務する場合は平日の休みとなる可能性もあります。休日も、その職場にどのようなクライアントが多く利用するかによって決まることが多いです。

常勤の場合は週休2日制が基本となりますが、非常勤の場合は週5日フルタイムで働けないことが一般的。そのため、いくつかの職場を掛け持ちしている人が多いです。見方を変えれば、非常勤のほうが休日を自由に設定しやすいとも言えます。