臨床心理士の勤務時間・休日

勤務時間

臨床心理士の勤務時間は、勤務先や雇用形態によって異なります。

福祉施設や民間の研究機関、また一般企業などに常勤や正社員として勤務する場合は、朝9時から18時ごろまで、実働7〜8時間程度の勤務となることが一般的です。

しかし、会社員を対象とするメンタルクリニックの場合は、朝はややゆっくりめのスタートで20時や21時まで勤務するところもありますし、病院での勤務であれば、職場によっては「早番」「遅番」などの形で働くシフト制となり、まれに当直が入る可能性もあります。

ただし、臨床心理士は非常勤として働く人も少なくありません。

非常勤の場合は、1日に4〜5時間程度の勤務であったり、週に数日クライアントのカウンセリング予約が入っている日だけの出勤になるなど、常勤よりも短時間の勤務となることが多いです。

休日

臨床心理士が活躍するフィールドでは土日祝日を休日とする職場が多いですが、総合病院など定休日がない職場に勤務する場合はスタッフが交代で休みを取り、平日が休日となる可能性もあります。

常勤の場合は週休2日制が基本となりますが、非常勤の場合は週5日フルタイムで働けないことが一般的です。

そのため、いくつかの職場を掛け持ちして働いている人が多いですが、見方を変えれば、非常勤のほうが自分次第で休日を自由に設定しやすいともいえます。

残業の状況

残業の状況も働き方や勤務先の体制などによってまちまちですが、あまり人員が多くない職場では、一人あたりの業務量が多くなりがちで、時間外にカウンセリングの記録をつけたり、各種事務作業を行うためにどうしても残業時間が多くなることがあります。

クライアントがあってこその仕事なので、相手の都合によっては日によって決まった勤務時間が多少ずれることも考えておかなければなりません。

また勤務時間外を利用して、自主的に専門書を読んだり、研修会などに参加したりして知識を深めていく必要もあります。