ネイリストの資格

資格がなくてもネイリストにはなれる

ネイリストは、なるために絶対に資格が必要という職業ではありません。

学校で専門的なことを勉強した経験がない人や、ネイルの現場で働いた経験がまったくないという人でも、なかには「アルバイト」や「アシスタント」の形から採用してくれるネイルサロンもあります。

しかし、近年は右肩上がりで増えているネイルサロン。

競争が激化していることから店ではなかなか人材を教育する余裕がなく、少しでも技術を持っている人、優秀な人を採用したいと考える店もたくさんあるようです。

したがって少しでも良い待遇の下で働きたい、就職したら即戦力としてすぐにお客さまに施術したいという気持ちがあるのであれば、先にネイルに関する資格を取得することをオススメします。

ネイリストの代表的な資格

ネイリストの資格は、さまざまな企業や団体が認定する民間資格となっています。

JNECネイリスト技能検定

ネイリストの資格で代表的なものといえば、「JNA(NPO法人 日本ネイリスト協会)」が主催する「JNECネイリスト技能検定」です。

これはネイリストとしての総合的な知識と技術が求められる検定試験で、1997年にスタートしました。

ネイル技術に関する資格としては最も歴史があり、業界内ではメジャーな資格として認知されています。

レベルは下から「3級」「2級」「1級」の3段階となっており、2級や1級の合格率は50%以下と、なかなかの難易度です。

各レベルで問われる知識は以下の通りです。

・1級:トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術及び知識
・2級:サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートに関する技術および知識
・3級:ネイリストベーシックのマスター。ネイルケア、ネイルアートに関する基本的な技術および知識

本試験で問われる「ケアの正確さ」や、「ファイリングの均等さ」などの能力は、ネイリストして働くうえでも必要となってくることばかりです。

この資格を取得したことによって、今後ネイリストとして働くうえでの基礎的なスキルがあることが認められるほか、自分の自信にもなることでしょう。

ネイリスト検定試験の難易度、合格率

その他の資格

JNA関連の検定

JNAが主催するネイルの資格は、「JNECネイリスト技能検定」以外にもいくつか存在します。

・JNAジェルネイル技能検定:「初級」「上級」の2つです。

・ネイルサロン衛生管理士:ネイルサロンの衛生管理に関する知識を問う試験です。

・JNA認定講師資格試験:試験に合格することで、JNAの認定講師となることができます。

I-NAIL-A関連の検定

「I-NAIL-A(NPO法人 インターナショナル ネイル アソシエーション)」は、1999年、美容サロン、理美容学校、ネイルスクールおよびネイルサロンにおけるネイルの正しい技術の向上と業界の発展を目的と設立された団体です。

日本では、JNAと並んで有名なネイル関連の団体です。

・ネイルスペシャリスト技能検定試験:基本的なネイルケア、カラーリングが課題の「A級」とネイルチップ、スカルプチュアを加えた「PA/AA/AAA級」の2種類となります。

・ジェルネイル技能検定試験:「1級」「2級」「3級」の3段階に分かれています。

とくに最近では、人気のジェルネイルに関する資格「JNAジェルネイル技能検定」の認知度が上がっています。

ジェルネイルの技術力が問われるサロンも増えていることから、すでに「JNECネイリスト技能検定」の資格を持っている人で、さらに流行の技術も身につけたいというネイリストが積極的に取得しているようです。

資格取得が絶対でないにせよ、ネイリストは現状に甘んじることなく、技術を高め続けていかなければなりません。

資格取得を目指して勉強や練習を重ねた時間は、ネイリストとしての人生を歩んでいくなかでも、必ず力となるはずです。