ネイリストになるための学校の種類(専門学校・スクール)

ネイリストの学歴

国家資格や学歴は必要?

ネイリストの学歴はさまざまです。

職業によっては、大学卒業が前提になったり、特定の専門学校を卒業することを求められたりする場合があります。

たとえば、「美容師」を目指す人は厚生労働省が指定する学校で学び、国家試験を受け、美容師免許を取得するといった流れをたどります。

一方、ネイリストは資格や学歴がなくても働くことが可能な職業です。

もちろんネイルサロンによっては、ネイルのスクールや専門学校卒業者など特定の学歴を求めるところもありますが、学歴不問の求人も多いです。

本人の資質、やる気により、学歴関係なく一流ネイリストになることも夢ではありません。

専門学校を卒業していたほうがよいケースも

上記で解説した通り、ネイリストは学歴不問で目指せる職業ではありますが、一部のサロンではネイル専門学校の卒業を求人の条件にしています。

ネイリストの学校で勉強しておくと、就職時に「基礎的な知識・技術を身につけていること」をアピールしやすくなります。

また、ネイリストはお客さまとコミュニケーションをとる機会が多いため、一般常識や言葉遣いなどの教養が求められます。

こうしたことから、高卒以上程度の学歴を条件とするサロンも多いです。

このように、ネイリストとしての就職のしやすさ、待遇のよさを考えると、ネイルスクールや専門学校などの学歴はあるほうがベターです。

ネイリストの学校の種類

美容専門学校

専門学校は学校法人であり、学校教育法に則ったカリキュラムが準備されています。

美容専門学校の多くは、ネイルに特化するのではなく、エステやメイクなど幅広い美容に関する知識を学びます。

そのため、プロのネイリストになるという明確な目的を持った人には、ネイル以外のことに時間やお金を割かれるため、あまり向いていません。

逆にメイクも含めて総合的な美容サービスを提供できるようなネイリストになりたい場合は、専門学校で複合的な知識を得ることがプラスになるでしょう。

専門学校では、通常、週5日平日昼間に2年間通学することになるため、学生層は高校卒業後の若者が多いです。

2年間の授業料は合計で200万円以上と、民間のネイルスクールより高くなります。

就職サポートに力を入れる学校が多く、手厚い就職支援が受けられるのは専門学校の魅力です。

ネイルスクール

ネイルに特化した知識・技術を学べるのがネイルスクールです。

専門学校のように週5日平日昼に通うようなコースもあれば、週末や夜間だけ通うコース、あるいは検定試験前の短期技術講習のように、さまざまなコース設定があります。

カリキュラムもまちまちで、資格取得までしっかりサポートしてくれる学校もあれば、資格取得は任意とする学校もあります。

料金は平均で50万円~100万円程度ですが、授業数、1コマの授業時間は幅があるため、スクールを選ぶ際は内容をよく比較しましょう。

学生層は20代だけでなく、社会人や主婦など幅広いです。

ネイルスクールはその名の通りネイルに特化しているため、専門学校に比べて、より高いレベルのネイル技術・知識を集中的に身につけることができるのはメリットです。

職業訓練校

厚生労働省の求職者支援制度を利用すると、求職中の人がネイルスクールの職業訓練に参加することができます。

ハローワークに申込をし、面接や筆記試験からなる選考を通過した合格者のみ、決められたネイルスクールで学ぶことが可能です。

職業訓練校で学ぶメリットは、格安の自己負担でネイルスクールに通学できるうえ、受講中は月10万円の給付金を受け取ることができる点です。

職業訓練で目的とするレベルは、JNECネイリスト技能検定3級や2級レベルです。

就職を目的としたカリキュラムで3ヵ月程度の受講期間のため、スカルプなどの講義が行われないことも多く、それ以上を目指す場合は別途自分で勉強する必要があります。

誰でも利用できる制度ではありませんが、対象者であれば費用負担は少なくて済むため、おすすめです。

通信講座

ネイリストの知識・技術を学ぶ手段のひとつとして、通信講座もあります。

通信講座の種類は多く、基本的には自宅で学びます。

ただし、ネイルスクールが母体となっている講座などでは、月に数回、技術講座を受けるために学校に通学するものもあります。

通信講座のメリットは、ネイルスクールに比べると費用が安く済み、好きな時間・場所で学ぶことができる点です。

一方、デメリットとしては、技術を直接講師から学ぶことができない点です。

通信教育を選ぶ際には、通学によるサポート、郵送添削サポートなど、技術指導に定評のあるものを選ぶとよいでしょう。

ネイリストになるには

ネイルスクールや専門学校への入学の条件は?

ここまで紹介してきた学校の種類のうち、職業訓練校は条件を満たし、選考を通過する必要があるため、厳しい場合もあります。

専門学校も、各校が定めた入学試験を通過する必要があります。

専門学校ではコースによっては中学卒業者も受験資格がありますが、一般的には高校卒業見込み者を受験対象としています。

試験方式は、高校からの推薦入試、面接や筆記試験からなる一般試験などです。

一方、ネイルスクールの門戸は広いです。

特別な試験やテストもなく、義務教育を修了していれば入学できるところが大半です。

年齢制限もないため、10代の若者もいれば、30代以上の社会人もいます。

入試や面接などの不安を抱えずに気軽に学びたい人にはおすすめです。