ネイリストの面接、自己PR

技術だけではない、人柄も重視される仕事

ネイルに関する知識や技術を豊富に持つネイリスト。

専門的なスキルが求められる仕事であるだけに、技術さえあれば、どこにでも簡単に就職できるだろうと考えている人もいるかもしれません。

しかし、ネイリストは他の職業と同様、ネイルサロンなどに勤めたいと思った場合は、ほぼ必ず面接試験が行われます。

そして面接の出来によっては、いくら知識や技術面は申し分なかった場合でも、不合格になってしまう可能性もあるのです。

ネイリストの面接で合否を大きく決定付けるのは「人柄」です。

なぜなら、ネイリストは「お客さまありき」の仕事で、サービス業でもあるからです。

マナーや言葉遣い、身だしなみ、気遣い、身にまとう雰囲気など、さまざまなことが面接で問われているといってよいでしょう。

とくに言葉遣いや身だしなみは、付け焼刃で直すのはなかなか難しいものです。

普段から「人として当たり前のことが当たり前にできる」ように心がけて生活しておくことが望ましいです。

面接で問われることは?

面接で具体的に問われることしては、これまでのキャリアや経験、あるいは細かな技術力や所有資格などです。

専門学校などを出てすぐに受験する場合は、「学校で何を学んだのか?」「どういった技術を身につけたか?」などが問われることが多いようです。

お店によっては、さらに実技試験が実施される場合もあります。

マネージャーや店長クラスのポジションで迎えられる面接であれば、マネジメント経験や能力なども問われるでしょう。

ただし、採用で重視するポイントは店舗によって異なります。

「とにかくやる気や体力重視!」というお店もありますし、ネイルが大好きで、つねに新しい情報にアンテナを張ったり研究を怠らない情熱的な姿勢を評価するところもあります。

そのお店がどのようなネイリストを求めているのか募集要項を確認するとともに、一度はお客さまの立場で店を利用し、自分なりの考えを持って面接に臨むとよいでしょう。

自分が働きたい店をしっかりと選ぼう

合格のためには、お店の雰囲気やサービスに対するポリシー、やってくるお客さまの客層など、サロンの性質とネイリストの個性がマッチするかも重要です。

たとえば、比較的年齢層の高いお客さまが多いサロンでは、年上の女性とも話せる落ち着いた人柄をアピールすること、また20歳そこそこのお客さまが多く訪れるギャル系のお店では、流行をとらえた服装やノリが合格のポイントになることもあります。

いま、ネイルサロンの数はどんどん増えており、店舗ごとに特徴も異なります。

「どうしてもネイリストになりたいから、手当たり次第に受ける」のもひとつの考え方かもしれませんが、自分の性格と合わないサロンで働くのはストレスも大きく、とても大変です。

どのようなお客さまを相手にしたいのか、どのような雰囲気のお店で働きたいのかをしっかり考えて、面接を受けることが大切だといえるでしょう。

自分自身の強みを理解して、自己PRを

そして、面接では自己PRをすることも大切になってきます。

「自己PRをしてください」といわれることもありますし、もしそうでなくても、ただ一方的に言われた質問に答えるだけでなく、そこでいかに自分の個性をアピールできるかが勝負です。

たくさんのネイリスト志望者がいるなかで、「この人と一緒に働いてみたい」「将来性がありそうだ」と思われるような、前向きなPRができるとよいでしょう。

たとえば「笑顔なら誰にも負けません」「細かな気遣いが得意です」といったことを、具体的なエピソードとともに語ることができれば、十分な自己PRになるでしょう。