ネイリストの活躍の場

ネイルサロン

ネイルケアを専門にしているサロンを中心に、ジュエリーも扱う高級なサロン、若者をターゲットに安価でネイルアートが楽しめるカジュアルなサロンなど、さまざまな種類のサロンでネイリストが活躍しています。

また、一口に「ネイルサロン」といっても、それが繁華街にあるのか、それとも住宅地にあるのかによって、店の雰囲気やターゲットは異なります。

さらに経営方針やコンセプト、ウリにする技術・サービスも店によって違うものです。就職を考える際は、自分の個性が発揮でき、得意とする技術やこれから磨いていきたい技術が学べる店を選ぶとよいでしょう。

その他のサロン

すべての店舗ではありませんが、美容室やエステサロン、ブライダルサロンなどでもネイリストの需要があります。

近年はトータルサロンの人気も高まっているため、ネイリストとしての技術に加え、エステやマッサージなどの技術を持つ人は、より重宝されやすくなっているようです。

独立開業、フリーランス

独立して自分でネイルサロンを開いたり、フリーランスとして活躍する人もいます。

フリーのネイリストは1つ、あるいは複数のサロンと業務委託契約を結び、サロンの椅子を借りて週に何日かだけ働く人が多いようです。

そのほか、ヘアサロンで「ネイルをやってほしい」というお客さまの予約が入った時に呼ばれて出向いたり、ブライダルやスタジオなどで撮影がある場合に「出張」という形で働くこともあります。

独立する場合は、自宅もしくは仕事用の物件を借りてネイルサロンの看板を掲げます。店が繁盛すればスタッフを雇って、よりたくさんのお客さまを集めることができます。

その他

ネイリストとしてある程度の実績を積んでからは、ネイルスクールの講師を勤め、後進の指導に当たる人もいます。

また、最近はデイケアセンターや老人介護施設などに出向き、高齢者の手や爪のケアを行うボランティアのネイリストの需要が増えています。

あくまで無償の奉仕活動となりますが、さまざまな人と接してコミュニケーション力を高めたり、社会に役に立っている実感が大きく味わえるため、フリーで活動するネイリストなどが休日を使って、このようなネイルのボランティア活動に勤しむケースもあるようです。