MRへの転職・中途採用

MRに転職するには

MRというと、世間では「専門性が高いので一生仕事に困らない」「収入が安定している」「社会貢献度が高い」というイメージが強いことから、人気が高い職業のひとつとなっています。

このため、すでに社会人として働いている人のなかにも、MRへの転職を考えている人はたくさんいます。

実際に、MRの業界では中途採用の求人が多く、未経験者からの転職も受け入れています。

薬剤師や薬局のスタッフ、医療機器メーカーの社員など、医薬品や医療に関係のある職業の人や、他業界ですでに営業マンとしての実績がある人がMRとしての転職を目指すことが多いようです。

企業によっては、営業職や販売職の経験があることを応募の前提条件にしているところもあるので、応募の際には注意が必要です。

新薬メーカーへの転職は厳しい

製薬会社のなかでも、新薬の開発・製造や販売をしている企業は、給与水準や待遇がよいことで根強い人気があります。

しかし、そこは応募者多数となることから競争が激しくなりがちで、さらに未経験の転職希望者を対象とした求人はあまり多くないのが実情です。

このほか、ジェネリック医薬品を製造・販売する製薬会社や、製薬会社から販売業務を受託する企業でも、MRが募集されています。

転職に向いている年齢は?

他業界や他業種からMRへの転職をする場合、年齢はできるだけ若いほうがよいといわれます。

MRは、取り扱う商品である医薬品に対して相当量の知識がなければ、取引先である病院の医師や薬剤師と対等に話をすることができません。

このため、採用後にはまず企業の研修を受けながら、MRとしての有名な資格試験である「MR認定試験」に挑戦して「MR認定証」の取得を目指すことが一般的です。

無事に認定証を取得してからは、先輩社員から指導を受けたり現場に同行させてもらったりしながら、少しずつ経験を積むことになります。

このように、一人前のMRになるまでの育成期間が長いことから、転職の中心となる年齢層は、20代後半~30代前半だといわれています。

転職後は猛勉強が必要にはなりますが、新たな道を切り開くことができれば、やりがいや高い収入を手に入れることができるのが魅力といえます。