MRになるには? 薬剤師資格は必要?

MRになるまでの道のり

医薬品の情報を取り扱うスペシャリストであるMRは、医薬品を処方する薬剤師と似ている職業だと考える人もいるかもしれませんが、実際は専門性やその必要な知識の幅や量、範囲などが大きく異なります。

薬剤師は大学の薬学部を卒業することや薬剤師の国家試験に合格することが必須条件になっていますが、MRの場合は特に学歴や国家資格が必要なわけではありません。

また、医薬品に携わることから「薬学部」や「理学部」など理系の学部の出身者が圧倒的に有利なのではないか…と思われがちですが、実際は文系学部の出身者も多く活躍している世界です。

学部に関係なく、製薬会社などの就職試験に応募し、採用されることでMRとして働くことができるようになります。

ただし、就職試験の応募にあたって「大学卒業以上」の学歴を条件にしている企業が多く、中卒や高卒、専門学校卒の学歴ではそもそも応募資格がないというケースがあります。

MRになりたいと考えているのであれば、四年制の大学を卒業しておくことが第一条件となります。

大手製薬会社や外資系製薬会社など、人気の企業を志望する場合は倍率も相当なものとなるため、難関大学を卒業しておいたほうがよいでしょう。

MRという仕事の難易度

MRとして採用された後は、ほとんどの企業において、医薬品に関する猛勉強が待っています。

MRは国家試験があるわけではありませんが、公益財団法人であるMR認定センターが主催している「MR認定試験」という試験があり、この試験に合格することがMRとしての知識を習得しているひとつの目安となります。

認定証を取得しなければMRとして働いてはいけないというわけではありませんが、実際はほとんどのMRがこの認定証を取得してから仕事をしています。

新人の場合はまず半年以上かけて研修を受け、猛勉強をしてこの認定試験に合格し、徐々に実務経験を積んで一人前をめざすというのが一般的なステップアップの流れになります。

仕事に就いてからも、日々医薬品はアップデートされ、医療情報や症例などはどんどん新しいものに進んでいますので、それを心得て常に勉強の日々を送ることも、MRとして仕事をする難易度を上げているといえるでしょう。

MRになるための学校の種類

MRとして働くために必要な免許や資格はありませんので、卒業しなければならない学部や学科は特にありません。

薬剤師免許も不要です。

理系にこだわらず、文系学科であってもMRとして勤務し、活躍している人は少なくありません。

しかしながら、薬学系の学科を卒業していることは知識の面でプラスになることは間違いありません。

薬学部には、薬剤師になるための6年制の薬学科のほか、一般的な薬学関連を学ぶ薬科学科等の学科があり、薬学科と併設し設置されている大学も多くあります。

これらの学科では「有機化学」や「生物化学」「薬剤学」「疫病学」などの授業を通し、薬学に関する幅広い知識や技術を身につけます。

また、国公立大学の薬学系学科の学費は他の学部と同じですが、私大の薬学部はその他の理系学部よりも学費が高額である場合が多いので、進学の際には十分に学費の面も検討が必要でしょう。

MRになるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・学部・学歴)

MRに薬剤師の資格は必要?

医薬品についての知識を持つMRですが、この仕事をするうえで、絶対に必要とされる資格はありません。

国家資格も存在せず、特別な学校を出ていなければなれない職業というわけでもないため、文系や理系の出身学部も色々で、さまざまな進路をたどった人が、MRとして活躍しています。

実際に製薬会社でMRとして働くとなると、この業界で有名な「MR認定試験」という認定制度に合格して「MR認定証」を得ることを求められる場合がありますが、この認定証を持っていなくては仕事ができないというわけではありません。

そして、薬剤師の資格がなくてもMRとして働くことができます。

MR認定試験の難易度・受験資格

薬剤師の仕事との関連や違いは?

薬剤師のおもな仕事内容は、調剤薬局などで、医師の処方に基づいた調剤や患者さんへの服薬指導を行うことですが、対してMRは日本語では「医薬情報担当者」と呼ばれ、医師や看護師などの医療従事者に対して、自社の医薬品に関する正しい情報を提供します。

「医薬品のプロフェッショナル」という点では、MRも薬剤師もそれぞれ共通しているといえますが、MRは調剤を行うことはできません。

あくまでも自社の医薬品を適正に使用してもらうために情報を提供したり、自社の医薬品の売込や普及活動をすることが役目となります。

「営業職」としての側面があることが、MRの特徴といえるでしょう。

MRから薬剤師、薬剤師からMRに転職する人も

MRとして働いていた人が薬剤師へ転職するケースもあるようです。

薬剤師は、薬剤師免許を持って働く職業です。

免許取得のためには、まず大学の薬学部を出て国家試験に合格する必要があるなど、なるためのハードルはやや高めとなっています。

国家資格がないMRに比べると、薬剤師の専門性の高さは就職後の安定感にもつながりやすく、そこに魅力を感じて薬剤師へ転職する人がいます。

一方、薬剤師からMRに転職する人もいます。

MRは勤務先の企業にもよりますが、MRは平均して高待遇であることが少なくなく、大手製薬会社では平均年収が1000万円以上に達していたリ、実力主義の要素が色濃い外資系製薬会社では、個人の実績によって大きなインセンティブがもらえることがあります。

こうした点に魅力を感じ、薬剤師からMRになる人もいるのが実情です。

MRに向いている人

MRに向いている人は、どのような適性がある人でしょうか。

MRに欠かすことができないのは、「常に最新の情報を持ち、それらを駆使して医療現場にフィードバックし、自らの仕事につなげていく」姿勢です。

医療の専門家である医師や薬剤師から医薬品のエキスパートとして信頼を得るためには、それ相応の知識の積み重ねが必要不可欠です。

したがって、MRの適性にはまず、勉強を続け知識を身に着けていくことが苦にならない人、というものが挙げられるでしょう。

医薬品に関する知識をしっかり蓄える

MRは国家資格が必要とされる仕事ではありませんので、未経験からのスタートでも、入社後に研修を受けたり、きちんと勉強をすることで、MRの仕事に必要な知識を身につけていくことができます。

しかし、MRは専門性が高い仕事内容となるだけに、あらゆる関連する事柄について勉強し続けなくてはなりません。

まずは医薬品の営業担当者として、自社製品の情報については細かく頭に叩き込んでおくほか、対象となる疾患に関する知識も不可欠です。

そして他社製品の情報も集めて理解したうえで、どういった疾患にどの医薬品を用いるのがよいか、どういった薬の組み合わせをすべきかといった提案をスムーズにできるよう日頃から勉強しておかなければ、担当先の医師や薬剤師の信頼を得ることは難しいでしょう。

また、医薬品の数は非常に多いため、医師であってもどの薬を処方すべきか悩むことがあるようです。

とくに個人で診療を行っている開業医の場合は他の医師との情報共有が難しいことから、MRが最新の薬剤治療のトレンドや、他の医師の処方傾向などのさまざまな情報を求める開業医は少なくありません。

ただ自社製品を売り込むのではなく、医療のプロフェッショナルである医師と対等に話し、相手に役立つ情報を提供できるMRは信頼され、成果を出しやすいようです。

コミュニケーション能力のある人

医療用医薬品情報のスペシャリストであるMRですが、根本的に担当先を持つ営業として仕事をする職種であるため、同時に高いコミュニケーションスキルが如実に仕事に関わってきます。

医薬品に関する相談を受けたり、医薬品について説明する際に、優れたコミュニケーション能力を発揮すれば忙しい医師であっても、しっかりと時間を取り、情報共有をする時間を確保してくれることに繋がります。

信頼関係がものを言うMRという仕事には、コミュニケーション能力は欠かせない適性だといえます。

MRに向いている人・適性・必要なスキル

MRのキャリアプラン・キャリアパス

薬学科の新規設置が増え、薬剤師免許を所有しながらMRとして勤務する薬剤師も増えています。

ジェネリック医薬品の普及と拡大を受け、新規のMR採用枠を縮小するとしている製薬会社もありますが、業界全体としては早急な大きな変動はなく、今後も医療現場である病院やクリニックと製薬会社、医薬品をつなぐ架け橋となるMRは重要な役割を変わらずになっていくものと推測されます。

また、少子高齢化や医療の発展に伴い、医療業界自体が縮小されることはおそらくないものと考えられます。

しっかりとキャリアプランを描き、それに応じた知識の研鑽やスキルアップを積んだMRは、医療現場で今後も必要とされ続けるに違いありません。

MRを目指せる年齢

MRになるためには、上述のとおり卒業が必要な学校や免許、資格などがあるわけではありません。

中途採用の枠もあり、また未経験からでも求人によっては応募できるため、その気になれば、何歳からでも目指すことのできる職業だといえるでしょう。

しかしながら、MRは就職して働きだしてからの方が大変な職業といえます。

激務と言われるだけあり、勤務の拘束時間も長く担当先の医療機関や医師に合わせて変動的に仕事をすることを強いられる場合も少なくありません。

全国転勤もあり、また担当する医薬品のジャンルが変わればまた一から勉強をし直すことにもなります。

高待遇であるMRの仕事の大変さを理解したうえで、年齢制限なくチャレンジできる職種であると考えるのがよいでしょう。

製薬会社にもそれぞれ特徴やカラーがあり、大手や中堅、外資系などさまざまな企業があります。

どこに就職するかによっても状況は違ってくるでしょう。

もしMRに転職することを考えている場合は、MRの転職に強い転職エージェントに登録することで、まとめて求人を紹介してもらうことができるため、便利です。

マイナビエージェントはMRの転職に強く、未経験からMRへの転職成功事例も豊富になっていますので、一度気軽に相談してみてください。