文系でもMRになれる?

MRに求められる知識は?

文系のMRも多い

MRは製薬会社に勤務することから、「専門性を持った理系の仕事」というイメージが根付いているようですが、実際の現場には、文系学部出身のMRは多数います。

たしかに理系出身の人、さらに「薬」と深く関わる薬学部出身のMRもいますし、中には薬剤師免許を所有しながらMRとして勤務する人もいますが、製薬会社によってはMRの半数ほどが文系ということもめずらしくありません。

MRの社員採用試験でも、応募資格には「学部学科不問」となっていることが多いため、どのような勉強をしてきた人でもMRになれる可能性があります。

MRに求められるものは理系の知識だけではない

医薬品情報のプロフェッショナルとして活躍するMRですが、仕事を進めていくうえでは、担当先の医療機関において、医師を中心とする医療従事者と密に接していくことになります。

そこでは専門知識以上に、まず医師らとコミュニケーションをきちんととることが重要になってきます。

医師や薬剤師と話ができないようでは、仕事にならないからです。

医師の元へ足しげく通い、相手との会話を通じて、少しずつ信頼関係を築いていくことができます。

もちろん普段は直接仕事に関する話をよくしますが、医師の個性はさまざまであり、医療以外にも政治、経済、金融、国際、文化など、多様な分野に興味を持っている人がいます。

一般的な営業職と同じく、相手の話にしっかりと耳を傾け、幅広い話題に対応できる人は活躍しやすいといえます。

MRとしても多様なタイプの人が活躍していますし、それまでの人生で培ってきたものや得てきた知識を発揮することができる仕事だといえるでしょう。

これには、理系や文系など大学の卒業学部はさほど大きく影響しません。

業務上必要な知識は入社後に習得できる

MRとして働くうえでは、やはり医療や製薬の知識が必要になってきます。

しかし、こうした専門知識は学生時代に身につけていなくても問題ありません。

業務上必要な知識は、入社後の研修などを通してまったく知識がないところからでも習得できますし、実務経験を積みながら自分でも勉強をして、知識をより深めていくことが可能です。

理系でも、文系でも、日々成長しようという心構えと熱意があれば、MRとして活躍することができます。

MRはどうやって勉強する?

MRは専門知識を蓄えるために、日々業務の中で、また時には業務時間外に、勉強を続け知識や最新の医療情報をアップデートしています。

外部の学会やセミナー、勉強会に参加して学ぶほか、論文や文献を取り寄せて読んだり、社内の勉強会で積極的に勉強したりといった日々の積み重ねが欠かせません。

自社製品に関する文献はこまめにチェックし、その内容を自分の中に落とし込むことが大切です。

また、医薬品はつねに進化しているため、最新情報を入手し続けなくてはなりません。

新しい薬の情報や臨床試験の内容は学会で入手できるため、MRは時間やお金をかけてでも、そうした場に積極的に参加することが求められてきます。

日進月歩で医療は進んでいるため、学生時代に学んだ知識や医療情報などがそのまま生かされることはあまり多くありません。

入社後にMR認定試験に合格を

一般的に、未経験者がMRとして働くにあたって、製薬会社の入社後に目指すことになるのは「MR認定証」の取得です。

公益財団法人であるMR認定センターが毎年主催している「MR認定試験」という試験があり、この試験に合格することで認定証を取得することができるのです。

この試験はあくまで認定試験であり、知識などのひとつの目安にすぎません。

しかしながら、文系出身者も理系出身者もこの共通する物差しで認定を受け、同じ基準値をもってMRとして働くことができます。