MRの勤務時間・休日・仕事は激務?

MRの勤務時間

病院やクリニック、院内薬局を訪問して薬の情報提供をするMRの勤務時間は、病院の開業時間に合わせるのが一般的です。

たいていの病院が朝の8時30分~夕方17時頃にかけて外来の診療をしているため、この時間内に面談や営業に行けるように調整しながら働くことになります。

基本的には8時半頃に出勤して19時頃に退社するという勤務時間ですが、取引先の医師のスケジュールによっては早朝や夕方、夜遅くに訪問することもあります。

MRは営業マンとしての役割を担っているので、あくまでも取引先の都合を最優先にして自分の予定を組むことが必要不可欠です。

営業活動は電車などの交通機関以外にも、社用車などを使って自分で運転して出向くことが多く、自社に立ち寄らずに朝から取引先に直行したり自宅に直帰したりすることもよくあります。

直行直帰や出張もめずらしくなく、比較的フレキシブルな勤務形態になることが多いのがMRの特徴です。

新薬が販売されるときや思うような営業成績が出せていないときなどは、深夜残業をして情報提供のための資料作成をしたり医薬品に関する勉強をしたりすることもあり、忙しい毎日を送ることになります。

MRの休日

MRが所属している製薬会社は、基本的には土日祝日は休みということが多いので、MRも土日は休むことが可能です。

しかし、担当している病院が土曜日も診療している場合などには、あえて土曜日に営業に行くことで医師とゆっくり話をするチャンスを得られることもあります。

しかしながら、学会や勉強会、各種セミナーなどは週末にかけて行われることが多くあり、シーズンによっては実質毎週末全国あちこちの学会に飛び回ることになってしまった、というようなことも少なくありません。

出張が続き、休日をとれないまままた週明けの通常業務に戻る、といったパターンもあり、年間を通して忙しい時期などがかたよりがちであることも事実です。

その場合でも、後日代休や公休を取り、しっかりと休みを確保することは可能です。

MRの残業や夜勤

MRの仕事は、スケジュールを自己管理して自分の裁量で働く時間を決めるものなので、取引先の都合や自分の営業成績を考慮しながら「いつ働くか」「いつ休むか」を判断することが大切です。

優秀なMRともなれば、メリハリをつけて働くことで、確実に週末を休みにしたり連休を取得したりすることができ、自分の時間をたくさん持つことができます。

また、かつては勤務終了後に取引先の病院の医師を接待する機会が多かったのですが、近年では製薬業界のコンプライアンスが強化されて自主規制されているので、基本的には夜の食事の提供や休日のゴルフ接待を行うことはありません。

過剰な接待がなくなったぶん、MRの負担は軽減されたと考えても良いでしょう。

MRは忙しい?激務?

MRは医療者に医薬品の情報を提供すると同時に、担当する医薬品の販売をするという大事な使命があります。

企業の「営業マン」としての役割を持っているわけですから、売り上げ目標を課せられているのが一般的です。

企業によって目標の厳しさは違いますが、個人の売り上げが月収や年収に直結していることが多いようです。

高い目標を達成できればインセンティブがつく一方で、実績を残すことができなければ必然的に収入は低くなります。

こうした「実力主義」の側面が強いことから、MRには常にプレッシャーがつきまとっています。

目標を達成できないことが重荷となって、MRの仕事を離れる人もいるようです。

「営業や販売の仕事が大好き」「取引先に積極的に売り込むのが得意」「実力主義のほうがやる気が出る」という性格の人でなければ、MRはつらい仕事であり、激務だと感じてしまうかもしれません。

また、MRが医薬品の情報提供や販売交渉をする相手は医療関係者であり、彼らと対等に専門的な藩士をするため、多くのMRが、薬や病気の知識を習得するために、必死で勉強を続けています。

空いた時間を使って医学書を読んだりシンポジウムに参加したり論文を検索したりと、やるべきことは山のようにあるのです。

このような勉強に費やす時間は、勤務時間外の扱いとされることも多いため、MRは常に忙しくなりがちだということは覚悟したほうがよいでしょう。

MRの1日のスケジュール・生活スタイル