MRに向いている人・適性・必要なスキル

MRに向いている性格・適性

医療の世界に関心がある人

MRは、医薬品の情報にとことん精通しているスペシャリストでいなくてはなりません。

薬の効能や使用法、副作用についての知識はもちろんのこと、医療関係者と対等の話をするためには病気や疾患、最新の医療事情に関する幅広い知識が求められます。

実際に薬の処方をするわけではないので薬剤師免許を持つ必要はありませんが、薬学に関することを相当勉強することになるため、医療の世界に対する高い関心は不可欠です。

時代の移り変わりとともに新薬が出るので、MRの勉強は果てしなく続くことになります。

しかし、「薬を通して苦しんでいる患者さんの役に立ちたい」という強い想いがある人にとっては、生涯をかけて向き合うことができる職業になるでしょう。

営業や販売に自信がある人

医薬品情報担当者であるMRと、病院や薬局で実際に医薬品を取り扱う薬剤師は、どちらも「医薬品のスペシャリスト」として活躍します。

しかし、その2つの職業には大きな違いがあります。

薬剤師が病院や薬局に所属し、「薬を確実に処方する」ことを使命としているのに対して、MRの場合は製薬会社などの医薬品メーカーに所属し、「薬の情報を提供しながら病院に売り込む」ことまでが仕事です。

営業職としての役割も兼ねているため、しっかりとノルマをこなし、常に売り上げを伸ばすことが求められます。

このため、MRには、自社の医薬品をさまざまな病院で取り扱ってもらうための高い営業能力が求められます。

単に「知識を詰め込むのが得意」というだけの人ではこの分野で活躍するのは難しいのが実情です。

膨大な知識に加え、正しい判断力や親しみのある人柄で医師たちの信頼を勝ち取って売り上げにつなげていけるような、コミュニケーション能力がある人が活躍できる世界です。

MRになるには? 薬剤師資格は必要?

MRに必要なスキル・能力

計画を達成するために戦略的に考え、行動できること

MRの業務活動では、1日の大部分が外出となり、担当先の病院やクリニックを行ったり来たりしています。

日によって訪問先は異なりますが、移動時間が多く、外を動き回る時間が長いです。

そのため、無駄な時間をどれだけ無くすか、どれだけ効率的に病院や医師を訪問できるかが、営業成績を上げていくのに重要な要素となります。

合理的かつ効率的に営業活動を進める「戦略性」は、優秀なMRになるうえで欠かせない能力です。

忍耐強いこと

MRは訪問先のクリニックや担当の病院などで、医師や薬剤師の空き時間を見計らって面談や商談の時間を確保します。

そのため、ときにはアポイントを取った医師や病院の都合で、廊下などで長時間待機しないといけないこともあります。

いくら約束していても、医師が緊急手術などでかかりきりになり、MRとの面談を優先できないことはめずらしくありません。

そのため、「忍耐力」も大事な適性であることは間違いありません。

また、車を使って移動するケースも多いので、運転が嫌いでないかということも適性のひとつといえるかもしれません。

MRに向いていないのはどんな人?

MRは、「コツコツ勉強をして知識を積み重ねていく」の好きでない場合、業務を続けていくことが難しいと感じるかもしれません。

医療情報や技術は日進月歩で終わりがなく、どこまで学んで知識にしていればよいかということは誰にもわかりません。

医師や薬剤師から専門家として信頼され続け、常に良好なコミュニケーションを取れる関係性を築いていられるかどうかは、自分自身の努力にも大きく左右されます。

また、医師や薬剤師とコミュニケーションをとることも欠かせませんので、他者と関わることが苦手だと感じる人には、MRの仕事は苦しいと感じられる機会が多くなるかもしれません。

MRへの転職を考えている方へ

MRになりたいけれど、自分がMRに本当に向いているのかどうかイマイチ分からない人は、MRの転職事情に詳しいエージェントを利用してみるのもよいでしょう。

リクルートエージェントは未経験者からMRへの転職成功実績も豊富ですから、MRにどういう人が向いているのか、MRへの転職を成功させるためにはどうすればよいかアドバイスを受けることができます。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。