MRに向いている人・適性・必要なスキル

MRに向いている性格・適性

MRは単に病院や医師に医薬品を売る仕事ではなく、医薬品についての情報を医者や薬剤師に伝える仕事です。

そのため、医薬品の最新の情報を勉強しつづけないと仕事にならず、医療に興味があって、勉強をこつこつ続けられ、また医師や薬剤師などの他者とコミュニケーションをとることが苦でない性格などが、MRに適性があるといえます。

医療の世界に関心がある人

MRは、医薬品の情報にとことん精通しているスペシャリストとならなければいけません。

薬の効能や使用法、副作用についての知識はもちろんのこと、医療関係者と対等の話をするためには病気や疾患、最新の医療事情に関する幅広い知識も求められます。

実際に薬の処方をするわけではないので薬学部出身や薬剤師免許などをもっている必要はありませんが、やはり薬学に関することを相当勉強することになるため、医療の世界に高い関心があることが大切です。

時代の移り変わりとともに新薬が出るため勉強は果てしなく続くことになりますが、「薬を通して苦しんでいる患者の役に立ちたい」という強い想いがある人にとっては、生涯をかけて向き合えて大きなやりがいを感じられる職業になるでしょう。

営業や販売に自信がある人

医薬品情報担当者であるMRと病院や薬局で実際に医薬品を取り扱う薬剤師は、どちらも「医薬品のスペシャリスト」と言うことができます。

しかし、その2つの職業には大きな違いがあります。

薬剤師が病院や薬局に所属し、「薬を確実に処方する」ことを使命としているのに対して、MRの場合は製薬会社などの医薬品メーカーに所属し、「薬の情報を提供しながら病院に売り込む」ことまでが仕事です。

営業マンとしての役割も兼ねているため、しっかりとノルマをこなし、常に売り上げを伸ばすことが求められます。

このため、MRには、自社の医薬品をさまざまな病院で取り扱ってもらうための高い営業能力が求められます。

単に「知識を詰め込むのが得意」というタイプの人ではこの分野で活躍するのは難しく、膨大な知識と正しい判断力や親しみのある人柄で医師たちの信頼を勝ち取り売り上げにつなげていける、コミュニケーション能力がある人が活躍できる世界なのです。

MRになるには? 薬剤師資格は必要?

MRに必要なスキル・能力

営業職という面において、MRに求められるスキルや能力がいくつかあります。

戦略的な営業ができる

MRの業務活動は、一日の大部分が外出となり、担当先の病院やクリニックをいったりきたりしています。

日によって訪問する先は異なりますが、概して移動時間が多く、外での営業活動が一日の大半を占めることになります。

そのため、無駄な時間をどれだけ無くすか、どれだけ効率的に病院や医師を訪問できるかが営業成績という面では重要な鍵になります。

そのようなことを考えながら、合理的かつ効率的に営業活動する戦略性が重要になってくるのです。

忍耐強いこと

MRは訪問先のクリニックや担当の病院などで、医師や薬剤師の空き時間を捕まえて面談や商談の時間を確保します。

そのため、時にはアポイントを取った医師や病院の都合で、廊下などで長時間待機しないといけないこともあります。

医師が緊急手術などでかかりきりになり、MRとの面談を優先できないことはめずらしくありません。

忍耐力も大事な適性であることは間違いありません。

また、案外地味ではありますが、長時間の移動が日常茶飯事のため、運転が嫌いでないかということも適性のひとつとみなせるかもしれません。

MRに向いていないのはどんな人?

医療情報や医薬品情報を取り扱うMRにとって、「コツコツ勉強をして知識を積み重ねていく」ということが好きでない場合、業務を続けていくことが難しいと感じるかもしれません。

医療情報や技術は日進月歩で終わりがなく、どこまで学んで知識にしていればよいかということは誰にもわかりません。

医師や薬剤師から専門家として信頼され続け、常に良好なコミュニケーションを取れる関係性を築いていられるかどうかは、業務外の努力にも大きく左右されます。

また、医師や薬剤師とコミュニケーションをとること自体も業務や成績に関わってくるため、他者と関わることが苦手だと感じる人にはMRの仕事は困難であると感じられる機会が少なくないかもしれません。

MRになりたいけれど、自分がMRに本当に向いているのかどうかイマイチ分からない人は、MRの転職事情に詳しいエージェントを利用してみるのもよいでしょう。

マイナビエージェントは未経験者からMRへの転職成功実績も豊富ですから、MRにどういう人が向いているのか、MRへの転職を成功させるためにはどうすればよいかアドバイスを受けることができます。