MRの求人状況・インターンは必要?

MRの就職先にはどんなところがある?

MRの就職先は、製薬会社になります。

製薬会社にも、国内の大手製薬会社、中堅・小規模の企業から最大手の製薬企業、また昨今では外資系製薬企業が積極的に参入し、ひとくちに「製薬企業」といっても就職先により働き方や取り扱う医薬品の種類や診療科、また給与などの待遇はさまざまです。

MRが取り扱うのは、ドラッグストアや薬局で一般的に患者が自ら選んで購入する医薬品ではなく、医療用医薬品と呼ばれるもので、医師の処方箋を必要とし、薬剤師によって処方される薬です。

大手製薬会社の場合などはどちらも扱っていますが、一般用医薬品は、製薬会社の売上の一部にしかすぎず、多くの製薬会社はこの医療用医薬品分野に力を入れており、それらの営業や普及を担うのがMRです。

在籍は製薬会社であっても、MRは日々担当する医療機関やクリニックなどに出向き、医師や薬剤師など医療従事者と面会をして医療情報の提供や収集に努めています。

MRの求人の状況

医薬品情報のスペシャリストであるMRの求人募集を出すのは、おもに製薬会社です。

製薬会社には東証1部上場の大手企業から、特定の分野の医薬品に特化した小規模な企業までたくさんありますが、やはり大手企業のほうが収入や福利厚生面の条件が整っていることが多く、MR志望の学生からは根強い人気があります。

また、最近ではグローバル化の流れのなかで、外資系製薬会社の国内進出が急増しています。

外資系のメーカーの特徴として、個人の実績に対する「インセンティブ」の制度が整っていることが多く、高い売上を上げれば高収入を期待できる一方で、実力が発揮できないときは厳しい局面に立たされることもあるようです。

完全歩合給という場合も少なくなく、外資系の製薬会社では常に求人が出ていることも多いですが、能力や適性がなければたちまち淘汰される厳しい世界です。

MRの就職先の選び方

MR認定センターの「2019年版 MR白書」によれば、2019年7月末現在、国内全体では5万9900人のMRがいると発表されています。

2000年度以降、右肩上がりで増加し続けてきたMRの数ですが、2013年度をピークに、緩やかに減少傾向となっています。

後発医薬品の普及など市場環境の変化もあり、とくに新卒採用を控える製薬会社が増え始めているようです。

今後はまた状況が変わることも考えられますが、新たにMRを目指す人は、業界全体の採用募集状況を注意深く見守る必要があります。

多様化する雇用のスタイル

MRの求人票を見てみると、さまざまな雇用のスタイルがあることがわかります。

国内あるいは外資系の製薬会社に「正社員」として就職する以外にも、MR専門の派遣会社に登録して製薬会社に派遣される「派遣社員」として働くスタイル、あるいは週に何日か短期間で「パート」として働くスタイルもあります。

近年では女性のMRが増えてきたことで、結婚や出産を機に働き方を見直す人が多く、このようなニーズに合わせるかのように雇用のスタイルも多様化しています。

専門職であることに加え、個人の人生設計に合わせた働き方が選べることも、MRが人気職となっていることの大きな理由といえます。

MRにインターンは必要?

製薬会社では、MR職のインターンを実施することがあります。

インターンは、学生を対象とした就業体験の場であり、インターンを実施する企業や仕事内容そのものについて理解したり、将来仕事をしていくうえでのモチベーションアップにつなげることを目的とし、企業が実施しています。

学生側からすれば、業界や仕事を知ることで、自分が本当にやりたいことを見つけるきっかけの場としても活用されています。

インターンは必ず行われるわけではありませんが、大手製薬会社では一度に数十名単位という比較的多くの学生を集めて実施することが多いようです。

中小規模の製薬会社でも、最近はインターンを行うケースが増えています。

インターンの研修実施内容

インターンの内容は企業によってまちまちですが、実際にMRとして活躍している社員に同行して、病院などの医療機関へ足を運ぶという内容が一般的です。

実務に触れ、訪問先で医師のニーズをくみ取る業務に立ち会うという経験は、非常に貴重な機会となるでしょう。

このほか、社内にて製薬業界や製薬会社の仕事内容を理解するための講義が行われたり、社員との懇親会や他の参加者とのディスカッション、グループワークなどが実施されることもあります。

期間は、1日のみとなるものもあれば、2、3日かけてというもの、あるいはもっと長期的に行われるものもあります。

インターンで得られるもの

インターンに参加することで、就職して仕事の内容がより明確に理解でき、やりたいことがより鮮明になったり、仕事に対する意識が高まるという声がよく聞かれます。

就職活動以前のインターン参加は必須ではありませんが、実際に会社で働いてみることで社内の雰囲気もわかりますし、企業のWebサイトやパンフレットを見るだけではわからなかったことを知ったり、新しい気付きがあることが多いようです。

自分の強みや個性をあらためて自覚する機会にもなるでしょう。

また、就職を考える同世代の仲間と触れ合うことで、刺激を与え合えることも魅力のひとつです。

社会人になってしまう前に社会を覘き、その業界を自らの目で見ることができるのは、学生のうちにしかできない貴重な経験の場でもあります。

例年、さまざまな製薬会社がインターンの募集をしているため、少しでも興味があればぜひ参加してみるとよいでしょう。

MRへの転職を検討している人は、MRの転職に強い転職エージェント利用を検討することが、転職成功確率大幅アップにつながります。

マイナビエージェントはMRの求人取り扱いが多く、丁寧なサポートを受けることができるため、MRへの転職成功事例が豊富です。