女性のマンション管理人

マンション管理人に男性が多い理由

マンション管理人は、全体的にみると、女性よりも男性のほうが多く活躍しているようです。

女性にとって難しい仕事というわけではありませんが、設備点検や清掃といった管理人の日常業務のなかには多少体力が必要なものがあったり、居住者のクレーム対応など精神的なストレスを抱えやすい業務もあります。

管理人の業務は「頼りがい」が求められる一面があるところから、男性のほうが適しているところもあるのかもしれません。

しかし、マンションによっては女性管理人が働いていますし、女性の強みを生かして活躍することも十分に可能です。

女性ならではの強みとは?

女性管理人のよさは、きめ細やかな心配りや、丁寧な対応ができる人が多いところだとよくいわれます。

マンション管理人は、居住者とのコミュニケーションが不可欠です。

また、外部の業者や近隣住民など、多くの人との関わりが発生します。

そこで思いやりをもって、好感度の高い接し方ができる人は歓迎されますし、女性ならではの「あたたかみ」のようなものが、居住者の信頼感につながるところもあります。

また、管理人は日々の清掃や点検、業務報告など、地道でコツコツとした仕事も多くあります。

それらを確実に、丁寧にこなしていける人は、男女問わず信頼されるでしょう。

女性が敬遠されることも

ただし、女性にとっては、マンション管理人として働くのが難しい一面もあります。

たとえば、幼い子どもを育てている人であると、いつ、急に子どもが体調を崩して仕事を休むかわからないという理由で、採用されにくい場合があるようです。

マンション管理人として配属されるのは自分一人だけという場合が多いため、雇用主にとっては、できるだけ休む可能性の低い人を採用したいと考えるのが実情です。

また、さまざまなトラブルに対応することも考えると、女性よりも頼もしそうな男性に仕事を任せたいと考える管理会社もあるようです。

しかし、必ずしもこの限りではありませんし、マンションによっては管理人のほかに「補助管理人」といった立場のスタッフを配属し、清掃や片付け、連絡事項の受付などの業務を担当することもあります。

こうした役目は、高齢の女性が担当することも珍しくありませんから、っ女性であっても現場で働くことは不可能というわけではありません。