派遣のメイクアップアーティスト

派遣の需要も大きい

メイクアップアーティストは、化粧品メーカーやヘアメイクのプロダクションなどに就職して働く人、フリーランスで仕事をする人などさまざまですが、「派遣」のスタイルで働く人も多くいます。

派遣のメイクアップアーティストは、映画、テレビ、舞台、広告、出版、舞台、ブライダルなど、さまざまな分野でタレントやモデル、一般の方にメイクアップを施しながら活躍しています。

このほか、企業の社員向けメイク研修講師をしたり、化粧品メーカーで新商品の開発協力をしたり、化粧品ブランドの新商品発売時に店で商品説明や販売を手伝ったりと、多様な仕事に携わることができます。

派遣のメイクアップアーティストとして働くには

派遣のメイクアップアーティストになるための一般的な方法は、まず、ヘアメイクやメイクアップアーティストの派遣サービスを展開する会社にスタッフ登録をすることです。

東京など都市部中心となりますが、美容系のスキルを持った人材を求める派遣会社はいくつもあり、つねにスタッフを募集しているところも多々あります。

駆け出しの若い人から、経験豊富なベテランまで活躍することができ、個々の経験やスキルに合う案件を紹介してもらえるため、あえて派遣でさまざまな現場経験を積む人もいるようです。

しかし、メイクアップアーティストの派遣の場合は社内教育といったものが基本的にないため、まったくの未経験であると、派遣で働くのは難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

ただし、場合によっては「アシスタント」という形で、未経験者でもプロのメイクアップアーティストと現場に同行しながら派遣として働ける場合があるようです。

収入はどれくらい?

派遣のメイクアップアーティストは、「時給」で給料をもらうことが多いです。

時給は1,500円~2,000円が相場のようですが、個々の実力や経験によって差が出やすく、ある程度の経験を積めば時給2,000円以上で働くことも可能です。

また、一般的なメイクアップに加えて特殊メイクの技術があったり、美容師免許を持ってヘアスタイリングまでこなせる人であると、より多くの案件を紹介してもらいやすかったり、時給がアップすることがあります。

仕事体験談