美容師になるには

資格を取得

美容師として働くには国家資格が必要です。厚生労働省指定の美容学校、昼間部2年、夜間部2年、通信科3年のいずれかを修了することで、国家試験の受験資格を得ることができます。この国家試験に合格すると美容師免許の交付を受けられます。

美容師国家試験の難易度、合格率

現場で使える技術を身につける

全国の美容室に就職、ヘアメイクアーティストとして事務所に所属の二つが一般的ですが、美容室への就職が大半を占めます。美容師としてやっていくには一先ず、カット、カラーリング、パーマネントウエーブ、セットをできるようになる事が先決です。

国家試験をパスし、免許を取得した時点では、現場で通用するような技術はまだ身に付いていません。美容学校に2年間通い免許を取得しますが、学校内で得られる知識は、国家試験対策に近しいところがあり、現実的なお客様対策の技術とは言えないところがあります。

もちろんベースとなる最低限の知識は身につけることができますが、実際施術として使える技術はまだまだの状態です。

就職

美容師の就職先は、ほぼ美容室となります。結婚式場の美容室などに就職する人もいますが、倍率は高めとなっています。就職の状況は悪くなく、ほとんどの美容学生が就職先を見つけることができています。

練習を重ねてスタイリストに

美容室に就職した場合、店内でサロンワークを重ねながら技術の向上を図ります。就職して数年間はアシスタントとして修行が必要です。勤務時間中は、シャンプー、掃除、先輩スタイリストの手伝いなどし、営業時間外に夜遅くまで練習を行います。

美容師という職業は技術あってこそですので、反復練習を日々行い、技術を身につけていくことが大切になります。休日には研修があることも多く、休む暇がないほど忙しい日々を送ります。シャンプーによる手荒れや腰痛で挫折をしてしまう人も少なくありません。

練習を重ね、全てのメニューのテスト(社内テスト)をパスすると、スタイリストに昇格します。ここで初めて、ご来店されるお客さまに1対1でご提案やスタイルの提供ができるようになります。

皆さんが想像する美容師らしい仕事ができるようになるのは、このスタイリストからだと言われています。スタイリストになると、いかに指名客を増やしていくかの勝負となります。カットや接客の技術を磨き、お客さまの指示を得ることが必要です。

キャリアを積んだ後は、自分で店舗を開業し独立する人やメイクアップアーティストになる人など、多様な活躍の場があります。

ヘアメイク事務所への就職

ヘアメイクの事務所に就職する場合は、大抵数年のサロンワークで実績を作り、ヘアスタイルなどの作品を持ち込む方法が一般的です。

最初はヘルプ業務をメインでこなし、撮影現場に慣れていくことからはじめます。1年〜3年ほどで、事務所やスタイリストから仕事をもらえるようになります。国内外で活躍したり、有名雑誌、映画などを担当するようになる方も少なくありません。

ただし就職とはいえ、お給料、労働条件は通常のサロンワークよりも環境が整っていませんので、この世界でやっていくには相当の覚悟と辛抱強さが必要となってきます。

メークアップアーティストの仕事

美容師の現状と今後の見通し

美容室数の推移

美容室の数は平成26年度時点で237,525店舗となっています。全国の主要チェーンのコンビニの数が5万2千店程度であることを考えると、美容室は非常に店舗数が多いといえるでしょう。

平成22年度は若干減少したものの、それ以降は再び増加の傾向にあります。
美容所数の推移_26

美容師数の推移

美容師数も美容室数と同じく年々増えてきています。平成26年度の美容師数は496,697人となりました。
美容師数の推移_26

現状と今後の見通し

競争の激化

1,000円カット店の人気も高く、技術力がないと単価を維持するのが難しい状況です。機械化することや、外国人が働くことは難しい職業のため、美容師の仕事がなくなることはないでしょう。しかし、サービスや技術を磨いていくことが今後ますます求められていくと考えられます。

少子高齢化

「美容室」というと若者のイメージですが、今後は高齢者への対応も必要になってきます。自宅や介護施設への訪問美容など、福祉美容の取り組みも始まっています。

仕事体験談