空間デザイナーのつらいこと、大変なこと、苦労

華やかなイメージと裏腹に体力勝負

空間デザイナーと聞くと、誰しも華やかなイメージを持っていることでしょう。

しかし実際はかなり地味な作業もあり、力仕事でもあります。

まず、イメージを固め、プレゼン資料を作るためにオフィスにカンヅメ、いざプレゼンが通ったら資材集めのために走り回ります。

リフォーム案件ともなると古い装飾などの取り外し作業なども発生し誇りまみれになることもあります。

さらに、重い資材を抱えて現場に入り、スケジュールが間に合わなければ工事現場でお手伝い…挙げればきりがないほど力仕事もたくさんあります。

若いうちなら問題なくこなせる作業も歳をおうごとに厳しくなり、アルバイトを雇う空間デザイナーも少なくありません。

出不精だったり、体力のない人は、時に厳しく感じることもあるかもしれません。

逆にフットワークが軽い人や、ひとつのところに長く居ることができない人などには向いている仕事ともいえるでしょう。

はっきりとした境界線がないだけに何でも任される

空間デザイナーの仕事には「ここからここまで」というはっきりとした境界線がありません。

大きなところで言うと、コンセプトワークにがっつり入るのか、設計士にも意見や注文を付けるのか、小さなところで言うと装飾品は自分で創るのか、絵画や装飾の取り付けは自分でするのかなど、正直なところ、「やりたい」と言えばいくらでも任せてもらえます。

店舗などだと、お皿やカップなどの什器のセレクトまで担当する空間デザイナーもいます。

当然、一度請け負うと「次もやれるよね?」と周囲は考えます。

どこまで担当するのか、自分のキャパや実力と照らしあわせてセーブしないと、気づけば仕事が山のように増えて大変!!なんてことにもなりねないので注意が必要です。

タイトなスケジュールの仕事や開店前は徹夜作業も多い

イベント系も、店舗系も、数週間でリフォーム&オープン、なんて仕事もざらにあります。

数週間の間にコンセプト決定、資材集め、装飾品作り、などゆったりと進めていたら当然間に合いません。

資材や什器の使用物が決まり、いざ依頼をかけたら納品まで一ヵ月かかりますと言われて青くなることもあるでしょう。

さらに、準備万端!となっても現場に取り付けに入れるのはオープン数日前、下手したら一日前なんてこともあります。

当然その日の作業は徹夜、オープンぎりぎりに作業が終了し、やっと一息と、ここでもやはり体力勝負となるのが空間デザイナーの仕事なのです。

コンペに負ける、周囲にセンスが認められない

つらいことや大変なことを色々と挙げてきましたが、何より一番つらいのが「自分のセンスが認められない」ことです。

これは空間デザイナーに限らず、クリエイターであれば誰しもつらく感じること。

コンペに出せば負けてしまい、手掛けたお店やイベントは話題にもならず閑古鳥、クライアントから苦情こそこないものの、その後二度と依頼がこない、もうデザイナーを辞めてしまおうかと思うことも多々あるでしょう。

そんな自分の実力とどう向き合うのか、どうセンスを磨いていくのかという問題は、空間デザイナーにとって一番悩ましいことであり、一番つらいことでもあり、一番大事なことでもあるのです。