空間デザイナーの求人、募集の状況

十年前よりは確実に需要が増えている職業

日本人の生活水準の向上につれて、人々の物を見る目も肥え、洗練されてきています。

衣食住の水準も上がり、こだわりも非常に強くなってきています。

もちろん、店頭のディスプレイや、レストランやホテル内の装飾もふつうの物では心に響かず、常に新鮮で新しいものが求められています。

そんな時代ゆえ、新しい空間を生み出すことのできる、空間デザイナーの需要は数十年前にくらべ確実に増えています。

そしてこれからも、人々の生活水準が上がるのに併せて、求められるものも進化し、空間デザイナーの需要もどんどん増えていきくでしょう。

とはいえ、決して多くはない空間デザイナーの求人

需要が高まってきたとはいえ、まだまだ求人募集は少ない「空間デザイナー」の仕事。

その原因のひとつに、ひとりのデザイナーに仕事が集中することが挙げられます。

経験をつむほど、実力も信頼度も高まる空間デザイナーの仕事は、一度軌道に乗ると他の仕事に転職する人も少なく、引退するまで一生の仕事にする人も多く目立ちます。

離職率は低ければ、求人がかかる機会も当然減ります。

他の仕事比べて求人募集自体は決して多くありませんが、裏を返せば一生続けていける手堅い仕事だともいえるのです。

正攻法で探すなら、デザイン事務所

空間デザイナーが就職先を探す場合は、まず「自分は何をやりたいか」をきちんと決めましょう。

たとえば、尊敬するデザイナーの元で働きたい、色々な仕事をしたいという人には空間デザインを手掛けるデザイン事務所に就職するのがおすすめです。

ただし、多くのデザイン事務所は少数精鋭で動いているところが多いため、求人自体がなかなかかからない場合もあります。

新卒の時期問わず、いつ求人がかかるかわからないため、webの求人媒体やその事務所のオフィシャルホームページのリクルートのページはこまめにチェックするようにしましょう。

またデザイン事務所は大きなプロジェクトが動き出すと大量にアルバイトを雇うことも少なくありません。

そんなタイミングを見逃さずひとまずアルバイトとして働き、修行を積みつつ、社員を目指すという方法もあります。

美大や専門学校の紹介で仕事の話が舞い込むこともあるので、就職課にはこまめに通うようにしましょう。

ファッション系な、インテリア系、マスコミ系の就職先は?

他にも、ファッション系が好きならファッションメーカーやブランドに就職してそのメーカーのウィンドウディスプレイを手掛けるのも良いでしょう。

インテリア系が好きならハウスメーカーでモデルハウスや一般住宅の室内デザインを担当する、マスコミ系に興味があるならテレビ番組や映画の制作会社で大道具やセット製作に携わるものよいでしょう。

大手ファッションメーカーやブランド、ハウスメーカーならほぼ毎年必ず新卒募集もあり、中途採用も頻繁に行なわれます。

テレビ番組や映画の制作会社は新卒採用はさほど多くありませんが、中途採用やアルバイトからの採用は通年を通して行なっているところも多いのでこちらもこまめなチェックを心がけましょう。