特別支援学校教諭の仕事内容・なり方・年収・資格などを解説

「特別支援学校教諭」とは

養護学校や盲・聾学校に勤務する教員。個々の児童・生徒の障害の状態に合う指導を行う。

特別支援学校教諭とは、視覚障害者・聴覚障害者・知的障害者・肢体不自由者・病弱者が通う「特別支援学校」に勤務する教員です。

個々の児童・生徒に対する教育と、障害による学習上または生活上の困難を克服し、自立を図るために必要な支援をおこなうことを役割としています。

特別支援学校教諭として働くには、小学校・中学校・高校のいずれかの教員免許が必要で、あわせて特別支援学校教諭の免許も取得しておくことが原則です。

その後、自治体が実施する教員採用試験を「特別支援学校教諭」の科目で受験し、合格を目指します。

特別支援学校に通う子どもたちは、普通学校よりもきめ細やかな支援が必要であるため、教職員が多く配置されています。

特別支援学校が新設される自治体も増えており、需要は安定していますが、そこで働く教諭には普通学校の教諭とは異なる苦労があり、障害に関する専門的な知識の習得も不可欠です。

強い覚悟をもって目指すことが大切といえます。

「特別支援学校教諭」の仕事紹介

特別支援学校教諭の仕事内容

困難を抱える子どもたちが自立して生きていくために支援する

特別支援学校教諭は、さまざまな障害を持つ子どもたちが通う特別支援学校の教員です。

特別支援学校は、かつては「ろう学校」「盲学校」「養護学校」として分類されていましたが、それらが統一され、現在の特別支援学校が生まれました。

特別支援学校には、幼稚部・小学部・中学部・高等部があり、幅広い年代の児童・生徒が在学していますが、個々の子どもたちが抱える障害や状態の程度はさまざまです。

一人ひとりに対して手厚い支援が必要なため、一般の学校よりも教職員が多く設置されています。

子どもの状態を見ながら適切な指導・支援をする

特別支援学校教諭は、子どもたち一人ひとりに合わせた、きめ細やかな指導をおこない、子どもたちが自立して生きていくための力を養成します。

授業に関しては、普通学校のように教科書を使うだけでなく、子どもたちの状態を見極めながら、独自に製作したプリントや教材を使うことも多いです。

日常生活上で介助が必要な子どもや、椅子に座っていることが難しい子どももおり、教諭は常に子どもの安全を確保しながら、必要な指導やサポートします。

関連記事特別支援学校教諭の仕事内容

特別支援学校教諭になるには

教員免許と特別支援学校教諭免許のふたつが必要

特別支援学校教諭になるには、まず、大学や短大で教員養成課程を修了し、基礎免許として、小学校・中学校・高校または幼稚園のいずれかの教諭の免許状を取得する必要があります。

さらに、原則として、特別支援学校教諭養成課程のある福祉系や教育系の大学で所定の科目を修了し、特別支援学校教諭免許を取得します。

その後、各自治体が実施する教員採用試験を特別支援学校の採用枠で受験し、合格して採用されれば、特別支援学校の教員として働くことが可能です。

人によっては、普通学校からの異動によって特別支援学校に勤務するケースもあります。

基礎免許のみで特別支援学校に勤務するケースも

現状では、特別支援学校教諭として働くために、特別支援学校教諭の免許は必須ではありません。

全国の自治体の半数程度は、基礎免許(小学校・中学校・高等学校または幼稚園の教諭の免許状)さえあれば、特別支援学校の教員採用試験を受験可能となっています。

しかし、いざ特別支援学校で働くとなれば、障害のある幼児・児童・生徒の自立と社会参加に向けた指導や支援方法に対する深い理解が不可欠で、普通学校とは異なる知識・スキルを身につけなくてはなりません。

このため、もし基礎免許のみで特別支援学校に採用された場合には、一定期間以内に、特別支援学校教諭免許状の取得が求められるケースが多いです。

関連記事特別支援学校教諭になるには? 必要な資格や免許は?

特別支援学校教諭の学校・学費

大学に進学して教諭免許状を取得する人が多い

特別支援学校での勤務を目指す場合、基本的には教員免許の取得を目指して、大学や短大、もしくは大学院に進学する必要があります。

基礎免許(小・中・高校または幼稚園)のみで済ますことも可能ですが、さらに特別支援学校教諭免許まで取得することが推奨されています。

特別支援学校教諭免許状は障害種ごとに定められているため、自分が取得したい領域の免許状に対応する勉強ができる学校を選ぶ必要があります。

短大で特別支援学校の免許状取得を目指せる学校は非常に少ないため、たいていの人は大学に進学しています。

学費は、国公立か私立かによって大きな違いが出ます。

国公立は4年間で250万円前後ですが、私立は学校によって開きがあり、年間で70万円~80万円ほどの学費(入学金・諸経費除く)が必要になるケースが多いです。

一部の免許状は夜間や通信で取得可能

基礎免許を取得したうえで3年以上の実務経験がある人は、放送大学等で追加の単位をとって特別支援学校教諭免許状の取得を目指せます。

ただし、この場合に取得できる免許の種類は知的障害領域・肢体不自由領域のみとなっているため、注意が必要です。

ほかにも、ごく一部の夜間や通信課程で特別支援学校教諭免許状が取得できますが、非常に数が少ないため、事前に確認しておきましょう。

関連記事特別支援学校教諭になるための学校と学費(大学学部・通信)

特別支援学校教諭の資格・試験の難易度

他の学校種の教員採用試験よりは倍率が低め

特別支援学校教諭免許状は「視覚障害・聴覚障害・知的障害・肢体不自由・病弱」の5領域に分かれており、取得を目指す際には、各領域の免許状に対応する勉強ができる学校を選ぶ必要があります。

また、資格を取得したあとは、各自治体の教員採用試験を受けて合格を目指すことになります。

特別支援学校教諭の採用枠は、他の学校種の教員採用試験よりは倍率は低めの傾向で、近年は3倍~4倍程度を推移しています。

ただし、自治体によって異なりますし、全体として採用数自体があまり多くないため、希望の自治体で採用があるかどうかを確認しておきましょう。

特別支援学校教員認定試験も行われている

特別支援学校教諭になるために、多くの人は大学などで教職課程を修了して免許状を取得しますが、それとは別の道として「特別支援学校教員認定試験」を受験する方法があります。

この試験に合格すると、教員の資質や能力があるとみなされ、特別支援学校自立活動教諭の一種免許状(聴覚障害教育または肢体不自由教育)が取得可能です。

ただし、この免許状では該当の種目に関してのみ担当することができます。

関連記事特別支援学校教諭採用試験の難易度・合格率・倍率

特別支援学校教諭の給料・年収

通常の学校の教員よりも高めの給与設定

特別支援学校教諭のほとんどが公立学校に勤務しており、この場合の身分は地方公務員となります。

このため、給与体系は各自治体の地方公務員給与規定に沿って支給されます。

基本的には年齢と勤続年数によって昇給し、管理職に就くと別の給与体系となります。

待遇や福利厚生は手厚い

特別支援学校教諭の給与水準は高めで、さらに地方公務員としての手厚い手当や福利厚生が用意されています。

特別支援学校教諭ならではの手当として、自治体によっては「特別支援教育手当」などの「特殊勤務手当」を支給することもあります。

基本的には年功序列で昇給が見込めますし、待遇面で心配する必要はないといえますが、日々の業務は通常学級以上にハードなものとなるため、相応の覚悟と責任感が求められます。

関連記事特別支援学校教諭の給料・年収はどれくらい? 初任給やボーナス、統計データも解説

特別支援学校教諭の現状と将来性・今後の見通し

障害に対する幅広い知識や覚悟をもつ人材が求められる

特別支援学校のなかでも、近年では、とくに知的障害児が通える学校のニーズが高まっています。

自治体によって差はあるものの、特別支援学校が新設されるケースも相次いでおり、まだまだ特別支援学校教諭の供給が追い付いていないのが現状です。

今後は、さらに特別支援学校教諭の採用人数を増やす自治体も出てくるかもしれません。

なお、特別支援学校教諭は障害に対する専門知識や理解が不可欠ですが、一人ひとりに適した指導や支援を行うために、なによりも研究熱心さや粘り強さが必要とされます。

通常学級にも軽度な障害を持った児童・生徒が在籍していることがあるため、特別支援学校教諭が通常学級の教員に対するアドバイスを行う機会も多く、地域の中で重要な責任を担っています。

需要は高まっているものの、決して簡単な仕事ではないため、特別支援教育を必要とする子どもたちと向き合う覚悟をもった人材が求められています。

関連記事特別支援学校教諭の需要・現状と将来性

特別支援学校教諭の就職先・活躍の場

「特別支援学校」と「特別支援学級」

特別支援学校教諭の免許状をもつ人は、「特別支援学校」もしくは「特別支援学級」で勤務する可能性が考えられます。

前者は、知的障害や肢体不自由児などに対して特別な教育課程で少人数教育をおこなう学校のこと、後者は、一般の小・中学校に設置される特別支援教育のための学級のことです。

「特別支援学校」では原則として基礎免許状および特別支援学級教諭の免許状を有することが原則であるものの、「特別支援学級」に関しては基礎免許状だけでも問題ないとされています。

実際に、特別支援学級の教師のほとんどは、特別支援学校教諭の免許を所持していません。

また、特別支援学校でも「当分の間は」特別支援学校教諭の免許なしでも教員になることができる、という附則の規定があるため、特別支援学校教諭の免許状なしで仕事をすることもできます。

ただし、どちらで働く場合にも、特別支援教育に関する専門的な知識を備えているに越したことはありません。

特別支援学校教諭の1日

個々の児童・生徒に合わせた指導や支援をする

特別支援学校教諭は、通常の公立小学校や中学校などと同様、1日の多くの時間を児童・生徒たちと過ごすことになります。

ただし、特別支援学校の特徴は「少人数教育」であり、子どもたち一人ひとりの障害の程度や状態に合わせて、きめ細かな指導や支援をすることが挙げられます。

そのため、子どもにつきっきりになる時間は多くなりがりです。

ここでは、特別支援学校で働く特別支援学校教諭のある1日の流れを紹介します。

8:30 勤務開始、他の教諭と朝の打ち合わせ
9:00 登校してくる児童・生徒を迎える
9:30 朝の会終了後、授業開始
12:00 子どもをサポートしながら給食
14:30 授業終了
15:00 会議・打ち合わせ、教材準備などのデスクワーク
17:00 勤務終了

関連記事特別支援学校教諭の1日のスケジュール・生活スタイル

特別支援学校教諭のやりがい、楽しさ

一人ひとりの子どもの自立や成長を支援する喜び

特別支援学校教諭は、さまざまな個性をもつ子どもたちが、これからの人生で自立して生きていけるよう、支援していくことができる仕事です。

特別支援学校に通う子どもたちの状態や障害の程度は個々で異なり、なかには着替えやトイレなど、日常生活上の困難を抱える子もいます。

しかし、教諭の指導や支援の結果、学校生活の時間を通して、できなかったことができるようになったり、新しい目標が生まれたりすると、非常に大きな喜びを味わえます。

自分の関わりが子どもたちの未来を拓くための一助になるという点で、大きな社会的意義も感じられるでしょう。

また、通常の学校や学級に比べると、特別支援学校は一人ひとりの子どもたちと密に接することが可能です。

少人数教育をするところにやりがいを感じている教諭も少なくありません。

関連記事特別支援学校教諭のやりがい・楽しさ・魅力

特別支援学校教諭のつらいこと、大変なこと

対応が難しいケースが多いこと

社会的に大きな意義のある仕事は、そのぶん大きな責任を背負うことが多いものです。

特別支援学校教諭も同様で、さまざまな困難を抱える子どもたちの成長に深く関われる一方、通常の学校の教諭以上に、一人ひとりの子どもたちを注意深く見守らなくてはなりません。

なかにはおとなしく座り続けるのが難しい子や、暴れてほかの子に危害を加えそうになったりする子もいるため、教諭の気苦労は非常に大きなものとなります。

障害に対する理解や専門知識も必要となり、対応に難しい子どもにどう接すればよいのか、頭を悩ませながら過ごす日々を送る教諭が多くいます。

業務量の多さや他の教諭との人間関係

特別支援学校では、いくら少人数教育で教員数が多く設置されているとはいえ、子ども一人ひとりにかけるべき時間が長いため、どうしても業務量が多くなりがちです。

通常業務の時間中にすべての仕事に手が回ることは少なく、サービス残業や持ち帰り仕事が恒常化しがちです。

また、特別支援学校では複数の教諭がペアを組んで担任を務めるため、相性の合わない教諭と働くことになると、人間関係で悩むことになりかねません。

関連記事特別支援学校教諭のつらいこと・大変なこと・苦労

特別支援学校教諭に向いている人・適性

子どもの可能性を信じ続けることができる人

特別支援学校教諭に通う子どもたちは、一般的な学校の子どもとは異なる事情を抱えています。

着替えやトイレが一人でできなかったり、学習したことへの理解が非常に遅かったりする子が少なくありません。

少しうまくいかなかったときに、すぐにイライラしたり怒鳴ったりしてしまうような人では、とても特別支援学校教諭は務まらないでしょう。

同じことをゆっくりと、何度も何度も繰り返し伝えたり、支援したりすることになるため、子どもの可能性を信じて、ゆっくりと気長に待てる人に向いているといえます。

もちろん、子どもに対する愛情深さも欠かせません。

勉強熱心で最適な支援方法を考え続けられる人

特別支援学校教諭は、教育者ではありますが、障害に対する知識の習得や理解も不可欠であるため、勉強熱心な人に向いています。

子どもたちが抱える障害はさまざまですが、個性や感受性もさまざまで、同じ種類に分類できないケースが多々あります。

また、予測しえない事態が起こり、臨機応変な対応が求められる場面はしょっちゅうです。

いつでも目の前の子どもたちの様子を注意深く観察しながら、子どもたちに対しどう働きかけていくべきなのか、常に模索をしていける人に向いています。

関連記事特別支援学校教諭に向いている人・適性・必要なスキル

特別支援学校教諭志望動機・目指すきっかけ

特別支援学校ならではの教育のあり方に共感して

特別支援学校教諭になる人の多くは、もともと「子どもと関わる仕事がしたい」「教育職に携わりたい」といった理由から教員を目指しますが、教員免許状を取得する勉強の過程で特別支援学校に進路を定めるケースがあります。

この場合、教育実習で特別支援学校を訪れたことがきっかけになることが多いようです。

特別支援学校ならではの、一人ひとりの子どもの個性や特性に目配りをした教育のありかたに共感を覚え、「こういう働き方がしたい」と考える志望者は決して少なくありません。

このほか、学生時代にボランティア活動をしたことがきっかけになる人や、もともと福祉領域にも関心が強く、最初から特別支援学校教諭を志望する人などもいます。

面接に向けて志望動機は十分に考えておく

特別支援学校教諭になるための教員採用試験では、面接も合否を大きく左右します。

志望動機を含め、特別支援学校の実態をきちんと理解しているかや、本気で特別支援教育を必要とする子どもと向き合う覚悟があるかなどを問われるため、十分に準備しておきましょう。

教員採用試験受験前に実際に学校を見に行く、特別支援に関する教習会を受けるなどを行っておくとよいでしょう。

関連記事特別支援学校教諭の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

特別支援学校教諭の雇用形態・働き方

正規雇用のほか、非正規雇用で採用される人も

特別支援学校の教諭は、正規雇用されるほか、臨時教員として雇用されるケースがあります。

特別支援学校の臨時教員は、産休・病休などで休職する正規教員が出た場合に臨時的に採用されるものです。

「臨時」とは名がついていても、学級担任や授業担当として児童・生徒の指導や支援を行うとともに、各種校務にも携わる点は正規教員とほぼ同等です。

また、特別支援学校でずっと働いてきた教員以外に、小・中学校から内部試験を受けて着任する教員や、普通高校から異動してくる教員もいます。

逆に、もともと特別支援学校教諭として採用された人が、普通学校へ異動になることはほとんどないといわれています。

特別支援学校教諭の勤務時間・休日・生活

子どもがいる時間はつきっきりでサポートする

特別支援学校では、子どもたちが学校にいる時間は普通学校よりも短めです。

ただし、教諭は基本的につきっきりで子どものサポートをする必要があるため、日中に自分の事務的な業務はほとんどできません。

子どもたちが帰った後は教室の掃除や指導・支援計画の作成、今後の教材準備、職員会議などを行い、日によっては夜遅くまで働きます。

休日は基本的に土日祝日ですが、特別支援学校の日常はバタバタしているため、休みの日使って子どもの支援計画をじっくりと考える教諭もいます。

熱心な教諭ほど「自分の時間を犠牲にしてでも子どものために」と考えがちですが、それが行き過ぎると過労やストレスで離職してしまうケースも見られます。

特別支援学校では子どもの数に対して教諭の数が多く配置されるため、いかに他の先生たちと協力しながら、効率よく仕事を進めるかも重要になってくるでしょう。

関連記事特別支援学校教諭の勤務時間・休日

特別支援学校教諭の求人・就職状況・需要

募集数・採用数は増加傾向にある

近年、自治体によっては特別支援学校の新設が相次いでいるため、特別支援学校教諭の採用人数は増加傾向です。

少人数教育をおこなう特別支援学校では、一般的な学校に比べて多くの教員が求められるため、これからこの職を目指していく人にもチャンスは十分にあるといえるでしょう。

ただし、どれだけ需要があろうと、教員採用試験に合格しない限り特別支援学校で働くことはできません。

しっかりと教員採用試験にむけた勉強をして、合格を勝ち取る努力が不可欠です。

特別支援学校教諭になるための採用試験は、自治体によって「特別支援学校」の区分で実施される場合と、「普通学校」の教員と一括で採用する場合があります。

また、特別支援学校区分で採用試験を行う場合でも、受験資格として「特別支援学校教諭免許状」が必要になる自治体と、持たなくてもよい自治体があるため、よく確認しておきましょう。

関連記事特別支援学校教諭の求人の状況・就職先の探し方

特別支援学校教諭の転職状況・未経験採用

ハードルは高いが異業種からの転職も目指せる

特別支援学校教諭は、転職によって目指すことも可能です。

特別支援学校教諭は、まだまだ人材が不足しているといわれますし、現場では体力を要する場面が多いため、とくに若い人材は歓迎される傾向です。

ただし、新卒者と同じように教員免許状を取得することと、自治体の教員採用採用試験に合格することが必要です。

大学などで教員養成課程を修了していない場合には、新たに免許状を取得する時間やお金の準備も必要ですし、ややハードルが高いといえます。

また、特別支援学校教諭は決して楽な仕事ではありませんし、体力的にも精神的にもハードです。

障害などを抱える子どもと触れ合う経験がなかった場合、これまでの常識や経験が通用しないこともあるかもしれません。

常に新しい知識を取り入れようとする研究熱心な姿勢が求められます。