建築板金工の給料・年収

平均的な額面ではサラリーマン並み

建築板金工の給料は、年収で400万円前後といわれており、サラリーマンの平均年収なみといえます。

これは、特別な学歴や資格等が不要な点からすると、やや割がいいように感じます。

ただし、建築板金工は屋根やダクトの施工などの高所作業が多い危険な仕事です。

また、強風や猛暑、厳寒などの厳しい気象条件の中での屋外作業は体力的に非常に苦しいものであろうことは想像に難くありません。

特別な学歴や資格等が不要でありながらサラリーマン並みの平均年収となっていることは、こうしたことが理由であるといえます。

日給換算の明と暗

建築板金工の賃金は日給で換算される場合がほとんどです。見習いの場合は日給7,000〜8,000円、その後は経験と能力に応じて最大で日給15,000円前後になっていきます。

前述の通り、額面で考えると良い収入が期待できるように感じられるでしょう。

しかしながら、梅雨や台風など荒天が続く時期は休工日とせざるを得ず、それがそのまま収入に跳ね返ってきてしまい、多くの職人が頭を悩ませています。

このような事態を回避するためにも工場作業や内部の施工などを組み合わせてなるべく休工日が出ないようにしています。

給料・年収を上げるには

そうは言っても、やはり給料や年収は多ければ多いに越したことがありません。

これはどのような仕事や職種でもそうですが、一般的には出世したり、資格を取ったり、スキルアップをすることによって給料や年収を上げていくものです。

これが建築板金工の場合には少し違ってきます。必要なのは「技能」と「仕事を取る能力」です。

技能に関しては言うまでもなく、よりきれいにより早くより確実に、屋根や外壁を施工することです。

これは、複雑な形状の屋根や外壁、特殊な材料などの施工を経験することによって高まっていくものです。

仕事を取る能力については、案外、建築板金の会社では不足しているように見受けられます。

職人の世界で、しかも下請けで仕事が継続的に回ってくることによって営業しているところが多いのが現状です。

今後、少子高齢化によって新築物件が減っていく中、積極的に仕事を取ることが求められる時代が来ると考えられますので、建築板金工にも営業能力が求められてくるかもしれません。

この二つの能力を磨くことによって、給料・年収を上げていく可能性が高まるでしょう。