一般事務の資格、スキル

持っていると有利になる資格

一般事務として働くうえで、絶対に必要とされる国家資格のようなものはありません。

ただし、多くの企業や団体が一般事務職を募集しており、それぞれ求職者に対して求めるスキルレベルには違いがあります。

一般事務の場合、就職する時点でそこまで専門性を問われることはあまり多くありませんが、この仕事を目指す人が持っていると有利になると思われるおもな資格は以下の通りです。

MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)

Word、Excel、PowerPointといったオフィスソフトのスキルを認定する資格です。

上記のソフトは一般事務が業務上で必ず利用することになるため、資格を持っていれば、自身のレベルを簡単に証明することができます。

簿記

経理担当者がいない職場では、一般事務が経理業務を行うこともあります。

そのため、簿記(2級以上)を持っていると就職先の選択肢が広がるでしょう。「経理事務」といった職種に応募することもできるようになります。

秘書検定

ビジネスの場で使える一般常識があることを証明できる資格です。

ビジネスマナー、ファイリングなど、一般事務の仕事ともつながる問題が出されるため、持っておいても損はないでしょう。

一般事務で身につくスキル

一般事務の求人情報を見ると、応募条件として圧倒的に多いのは「WordやExcelが使える方」「パソコンができる方」といった内容です。

たとえ資格がなくても、きちんとパソコンの操作やオフィスソフトを利用できるという自信があれば、就職することは決して難しくありません。

なお、一般事務として長く働いていると、パソコンスキルはもちろん、ビジネスマナー、事務処理能力などが身につきます。

これらは事務職としてはもちろん、オフィスワークの基本となるスキルであるため、自分次第で多方面にステップアップすることができるでしょう。