飲料メーカー社員の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

飲料メーカーにおける勤務時間は、大きく分けると「本社勤務」の場合と、「工場勤務」の場合で異なります。

本社勤務の場合、9:00~18:00ごろの時間帯で働く企業が多く、1日の実働は7.5時間から8時間程度となっています。夜勤は基本的にありません。

工場勤務の場合は本社よりも若干朝が早めとなっており、8:00~17:00頃の時間帯に設定されている企業が多いようです。

そのほか、職種によって勤務時間が異なる企業もあります。

また、一部の職場ではフレックスタイム制や裁量労働制が導入されています。

休日・休暇

飲料メーカーの休日は、多くの場合土・日曜日が休みの「週休2日制」となっています。このほか祝日も休みとなります。

ただし、年に数回あるいは月に1回程度、土曜日は出社日としている企業もあるようです。また、工場勤務の場合は、本社とは別のカレンダーに従って休みをとるケースもしばしばみられます。

年間休日はたいていの企業が120日程度としています。

このほか、一般的な休暇制度として年次有給休暇、年末年始休暇、夏期休暇があります。さらに、慶弔有給休暇、リフレッシュ休暇、メモリアル休暇などを整えている企業が多いようです。

残業の状況は?

飲料メーカーにおける残業の状況は、企業や職場によってずいぶん異なるといえます。

営業職、研究開発職など、どの職種においても忙しいときは非常に忙しく、夜遅くまで残業をしなくてはならないこともありますが、多くの職場ではあまり忙しくないときは早く帰るなど、メリハリをつけて働くことができるでしょう。

「ノー残業デー」を設けている企業も増えています。

また、最近はとくに中途採用の求人では「残業なし」や「残業少なめ」をアピールして募集をかけているケースもよく見られます。

残業の実態については、就職を検討する前によく確認しておくことをオススメします。