産業保健師とは?

保健師の仕事は、大きく分けて、

・自治体で地域住民の健康維持、増進活動を行う「行政保健師」
・児童、生徒、及び教職員の健康管理を行う「学校保健師」
・企業に雇用されている従業員の健康管理を行う「産業保健師」

の3つに分類されます。

このうち「産業保健師」は、病院や保健所のように、組織として「医療」を扱う場所でなく、「企業」の中に属ずる保健医療部門という位置づけで、仕事内容や求められるものが異なります。

産業保健師の仕事

産業保健師の仕事は、企業で働く従業員の健康の維持増進、管理が主な業務で、勤務場所は企業内に設けられた「保健室」や「医務室」などと呼ばれる部屋です。

具体的な業務内容は、勤務中に体調不良を訴えた人の看護、怪我をした人の手当て、健康診断の実施と、健康指導といった学校の保健室業務に似たものがあります。

それだけではなく、従業員の健康に関する相談に応じることはもちろん、職場の人間関係の悩み、ストレスにも耳を傾けます。

ときには勤務状況が従業員の健康を損ねていないかという、勤務形態にも目を配り、企業に従業員の健康を維持するための提案を行います。

産業保健師に求められるもの

産業保健師に求められるのは、幅広い知識と判断力、そしてカウンセリング能力です。

企業にある「保健室」には、常勤の医師はいない所がほとんどです。その場合、従業員が体調不良や怪我を訴えた場合、適切な処置を行うのは保健師の役割です。となると、幅広い知識と技術が求められます。

とくに、技術面では、病気の看護、傷の手当てなど、看護師としての経験と技術が活かされる場合が多いといえるでしょう。

企業内の保健室では限界があるため、医療機関に受診したほうがよいかの判断も保健師に任せられます。

不必要な医療機関への受診は、企業にとっては人件費、保険料ともにマイナスになるので、適切な判断が求められます。

また、従業員が心身ともに健康な状態で就労するために、保健師は「相談相手」としての役割も求められており、中にはカウンセラーの資格を取得する保健師もいます。

産業カウンセラーの仕事

保健師にもとめられるものは、企業によって違いますので、実際に産業保健師として働こうとする場合は、企業の特色や仕事内容、保健師に求められる業務をよく知る必要があります。

組織の中の一人であるということ

産業保健師は、その企業に雇用されている職員の1人です。産業保健師の仕事の「対象者」は、自分と同じ企業に働いている、広い意味で「同僚」です。

また、保健師にとっての最大の目的は「健康の維持・増進」ですが、企業の最大の目的は「企業利益」であり、そのための従業員の健康管理、産業保健師の雇用なのです。

つまり、従業員の健康管理が結果的に、企業の利益に反映されていくということを忘れてはいけません。

仕事体験談