栄養士への転職、中途・未経験採用

栄養士の転職求人状況は?

栄養士の活躍の場は、病院や介護施設、給食センター、幼稚園・保育園、行政機関など多岐にわたっており、求人もそれだけバラエティに富んだものとなっています。

栄養士は資格が必要とされる仕事であるため、その資格さえ取得していれば、転職することはさほど難しいものではありません。

学校や病院など、大量調理を行う現場では、つねに人材を募集していることもあります。

とくに近年は高齢者社会の進展とともに、福祉分野での需要が高まっているようです。

こうした求人は、施設自体がホームページなどに出していることもありますし、一般的な求人情報サイト、あるいはハローワークでも見つけることができます。

雇用形態はさまざま

ただし、栄養士の雇用形態については求人によってまちまちです。

正社員として採用されることもありますが、パート・アルバイト、契約社員といった非正規雇用の形態で働く人も少なくありません。

また、職場によってはかなりの人手不足となっており、給料の割に仕事がものすごくハードだったり、長時間残業を強いられたリするようなところもあるようです。

栄養士の転職者向けの求人はわりと見つけやすいですが、転職先を探す際は、職場環境と待遇面などについても慎重になっておいたほうがよいでしょう。

未経験でも栄養士になれる?

栄養士の求人募集では、実務未経験者を対象としたものも出ています。

ただし、未経験者の場合、最初から献立作成や栄養指導などの応用力が試される仕事が任されることはほとんどありません。

まずは調理補助などの仕事で地道に経験を積んでいき、仕事ぶりを認められて、ようやく業務の幅が広がっていくということもよくあるため、その点については理解しておくことが大切です。

また、栄養士の資格を持っているとしても、時代はどんどん変わっていくもので、やはり現場に出てこそ学べることがたくさんあります。

とくに資格を取得してからだいぶ時間が経っている場合、学校で身につけた知識が思ったよりも生かせない、と感じることもあるかもしれません。

未経験者であろうと、経験者であろうと、現場に出てからもつねに勉強を続けて新しい知識を身につける必要があります。

仕事体験談