このサイトはダンサーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ダンサー」

仕事内容
ダンサーは、身体を使ってダンスステップやパフォーマンスを披露し、観客に感動を与える仕事です。ダンスといってもクラシックバレエからストリート系ダンス、社交ダンス、ミュージカルなどさまざまなものがあるほか、歌手の後ろで踊るバックダンサーや、クラブイベントや遊園地などを盛り上げるために踊るダンサーなど、活躍の場も幅広いです。中には、ステージに出演しながら後進の指導にあたったり、振付師として活躍する人もいます。
なるには
どのジャンルのダンスを踊りたいのかによっても異なりますが、全てのダンサーに求められるのは、表現力、創造力、個性などの「芸術性」と、ダンスステップや体の使い方などのいわゆる「技術的な要素」です。これらを身に付けるためには、できるだけダンススクールや専門学校で基礎から学ぶことがよいとされています。学校や講師によって指導方法が異なるため、自分の目指すダンスに近づけるかどうか、きちんと見極めてレッスンを受ける必要があるといえます。
給料
ダンサーの多くは、1ステージごとに「ギャラ」という形で給料を得ています。一般的なダンサーで1ステージあたり3万円程度がギャラの相場とされますが、おのおのの実力や知名度によって、その額は上下します。収入を安定させるために、ダンス教室などで講師やインストラクターの仕事と掛け持ちする人も少なくありません。どのようなジャンルのダンサーでも、自分の踊りだけで生計を立てられるようになるまでには、血のにじむような努力と苦労を乗り越えなければなりません。
将来性
芸術や文化としても、エンターテインメントとしても、ダンスは、人を感動させたり楽しませたりする無限の可能性を秘めています。近年ではストリート系ダンスの人気が高まっていますが、「踊りの基本はバレエにある」という声はよく聞かれるところです。年齢が上がるごとに体力面の低下が否めないこと、また優秀な若手ライバルが次から次へと出てくるため、競争に生き抜く覚悟を持って、自分自身を律し、技術力や表現力を高め続けていくことが大切です。

仕事体験談