ケアマネジャーに向いている人、適性

コミュニケーション能力が高い

ケアマネジャー(介護支援専門員)の仕事は人を相手にして成り立っている仕事です。

利用者やその家族、また行政の人、福祉用具の会社の営業マンや病院関係者、地域包括支援センターなどの関係系機関、さまざまな人的ネットワークを駆使して仕事が成り立っています。

ケアマネジャーが所属している機関が公的か民間かによっても仕事の仕方は違いますが、基本的には介護の問題の相談窓口という点では共通しています。

いろいろな人に関わり、さまざまな問題に関わっていかなくてはいけないので、人づきあいを苦手に思わない人や人間関係に気配りができる人、明朗活発な人、明るく物事を考えられる人は、この仕事に向いているかもしれません。

相談業務をするうえで、コミュニケーション力は重要です。ただ話が上手ければいいというわけではなく、しっかりと相手の話に耳を傾けて、相手の立場を察する能力も大事です。

また、利用者や家族に対して専門用語で話すのではなく、わかりやすい言葉で説明することができ、しっかりと的確に相手に伝えることができるようなコミュニケーション力を持っていることが望まれます。

複数の業務を同時に進められる能力

在宅でも施設でも、ケアマネジャーの仕事には煩雑な事務がつきものです。

書かなくてはいけない書類の多さ、どこに誰にどのように、どんなタイミングで書類を出すのか、ファックスでいいのか、直接持っていくのか、個人情報の取り扱いはどうすればよいか、ケアマネジャーは多くの事務を抱えています。

そうした事務作業を同時にテキパキとこなす能力が求められます。

もちろん事務的なことばかりではありません。パソコンに書類を入力するスピードだけではなく、利用者との面接、カンファレンスなど、事務以外にも仕事はたくさんあります。

毎日数多くの仕事を進めていかなければならないので、仕事に優先順位をつけ、複数の業務を同時にこなしながら働くことができるセルフマネージメント力が重要です。

仕事体験談