役員の学歴、出身大学

役員は高学歴ばかり?

役員のポストに就くうえで絶対に必要とされる学歴があるわけではありませんが、大卒以上の高学歴を持つ人が多いのは事実であるようです。

とくに、創業者や、同族の2代目、3代目で役員になるのではなく、大手企業において外部から呼ばれて就任する役員の学歴は高い傾向にあるようです。

しかし、中卒や高卒でも役員になれないわけではありません。

とくにベンチャー企業では、学歴に関係なく採用されたり、実力次第で社内で出世していきやすい環境があるところも多いため、大学を出ていない人が経営陣として活躍していることも珍しくありません。

経営やビジネスへの熱意、向上心、貪欲さといったものがあれば、どのような学歴であっても役員を目指していくことは可能だといえるでしょう。

有名大学、難関大学出身者が多数

役員の出身大学(国内)で多いのは、私立の場合、慶應義塾大学、早稲田大学、中央大学、明治大学、日本大学などであり、誰もが知る有名大学が挙げられます。

また、国立大学出身者も少なくありません。

日本の最高学府といわれる東京大学や京都大学を筆頭に、一橋大学、東北大学、大阪大学、九州大学といった全国各地の著名国立大学出身者の役員は多数いるとされます。

また、大学院を修了してからビジネスの世界に入ったり、働き始めてから経営学などをさらに学ぶために大学院に通うような人もいるようです。

海外の大学を出ている人も

また、役員のポストに就く人は、海外の大学でビジネスを学ぶケースもあります。

たとえば、著名どころであると米国のハーバード大学、スタンフォード大学などを出てから日本に戻ってビジネスパーソンとして活躍し、その先に役員になっているようなケースもあります。

最終的に役員になるような人はビジネスに対する意欲が高い人が多いため、海外で学ぶことを積極的に考えるケースもあるようです。