信用金庫の現状と将来性

厳しい競争が続く金融業界

金融業界のさまざまな規制緩和が進んだことから、私たちの銀行との関わり方も大きく変化しています。

近年では銀行の店舗に足を運ばずにコンビニやショッピングモールに併設されているATMを利用する人が急増していますし、インターネットで口座を開いてスマートフォンを操作しお金の出し入れをしたり資産運用をしたりする人も多いようです。

金利の高さを重視して海外の銀行口座にお金を預ける人もいるようです。

このような変化の中で、昔のように誰もが都銀や地銀を頻繁に利用する時代ではなくなってきたため、多くの銀行では生き残りをかけて厳しい競争が繰り広げられています。

かつては就職活動生の中でも高い人気を誇り内定をもらえたら一生安定した収入が得られるとも言われていた金融業界ですが、これからの時代は変化に対応できる企業だけが生き残ることができるのではないでしょうか。

独自の路線で生き残りを

それでは、このような金融業界の中で信用金庫はどのような現状に置かれているのでしょうか。

まず、信用金庫の場合、銀行のような株式会社ではなく、非営利法人という立場を取っているという大きな特徴があります。

業務においては利益を最優先させるのではなく地域の経済を支えることを目的としており、その公共性が高さから、不況だからといってすぐに淘汰されるということはありません。

銀行のように経営基盤を強くするために他行との合併や吸収を積極的に行うこともないでしょう。

あくまでも地域に根差した堅実な金融サービスを細々と行い続けるのが信用金庫の役割なのです。

ただし、過疎化が進む地域の場合は取引先となる中小企業や個人事業主も減っていく一方なので、経営を立て直すために他の信用金庫と合併をする可能性はあるようです。

就職をめざすのであれば、ある程度は地域経済が活発な土地の信用金庫の方が経営は安定しやすいと考えられます。