女性の信用金庫社員

広がる活躍の選択肢

金融業界では、昔から総合職においては男性社員が中心となって活躍してきました。

銀行や信用金庫においても、店舗における窓口業務や事務職は一般職の女性社員が担当し、営業活動や融資の審査などは総合職の男性社員が担当するという役割分担をしていることが多かったのです。

一般職の場合は店舗の異動がないというメリットがありますが、そのぶん将来的にキャリアアップすることはできず、給与などの待遇もそれほど高くはありませんでした。

総合職の場合は必要に応じて移動や配置替えがありますが、さまざまな経験を通してキャリアアップをすることができます。

女性の場合は結婚や出産などのライフイベントがあるため、一般職で働いて数年で退職するケースも多かったのですが、近年では時代の変化とともに総合職で働く女性も増えてきています。

信用金庫の採用活動でも意欲のある若い女性を積極的に採用しているので、チャンスが広がっていると考えてよいでしょう。

異動を考慮してくれることも

高い能力をもつ女性に長く現場で働いてもらうために、店舗の異動や配置替えに関して考慮する信用金庫も増えてきています。

子どもを産む際の産休や育休の制度も充実していることが多いので、志望する信用金庫のホームページなどでチェックしてみるとよいでしょう。

信用金庫に限らず金融機関で働く人は基本的に土日や祝日は休むことができるので、接客業などと比べると家庭を持つ女性にとっては働きやすいという側面もあります。

また、仕事を通して「ファイナンシャルプランナー」などの資格を取得しておくことで、保険会社やコンサルタント会社、不動産業界などの転職をめざせるようになることもあります。

専門性が高い仕事であるだけに、知識やスキルを身につけておくとさまざまな現場で活躍することができるので、長く働き続けたいという女性にとっては魅力的な職業といえるのではないでしょうか。