信用金庫の勤務、労働時間、休日、残業

一般的な勤務スケジュール

信用金庫の店舗で働いている社員の一般的な勤務スケジュールは、以下の通りです。

8:00 出勤してメールチェック
8:30 開店の準備
9:00 店舗のオープン、顧客の対応
12:00 昼食休憩
13:00 午後の仕事スタート
15:00 店舗のクローズ
15:30 書類のチェックや計算
18:00 退勤

平日の日中がメインの仕事

日本の金融機関は、基本的に朝9時に店舗が開いて午後3時にシャッターが閉まります。

信用金庫の場合も平日の業務が中心となるので、窓口担当者や事務の担当者はこの営業時間を軸として働いています。

店舗が閉まった後は書類のチェックを行ったり金額を数えてミスや不正がないかどうかをチェックしたりする仕事があります。

一円合わないだけでも大きな問題になるので、慎重に作業を行うことが大切です。

重大なトラブルがあったときは遅くまで残業をしなければいけないことがあります。

土日や祝日は休みで、盆や正月なども暦通りに休みになります。

他の接客業のように土日や祝日がメインの働き方にはならないので、暦通りに働きたい人や家族と過ごす週末を大事にしたいという人にとっては理想的な働き方といえるかもしれません。

不規則な時間帯で働く人も

信用金庫の社員のなかでも営業や融資の担当者の場合は、取引先である中小企業の経営者や個人事業主の仕事の都合に合わせて予定を組むことになります。

ときには先方の営業後の時間にゆっくり話を聞くために夜遅く出向くこともありますし、忙しい時期になると残業も増えます。

また、信用金庫の社員は地域に密着した仕事をしているので、ときにはお酒の席や休日のゴルフに誘われたりすることもあります。

顧客との信頼関係を築くために積極的に足を運んでいる人もいます。

このような働き方は他の業界の営業マンと同じと考えておいたほうがよいでしょう。