信用金庫と銀行の違い

信用金庫と銀行

日本にはさまざまな種類の銀行がありますが、「〇〇銀行」や「〇〇地方銀行(地銀)」のように銀行という名前が付いている金融機関と、「〇〇信用金庫」という名前が付いている金融機関は全く別の役割を担っています。

それでは、銀行と信用金庫にはどのような違いがあるのでしょうか。

ここではその違いを説明します。

銀行法に支えられる銀行

銀行と聞いてまず一番に思い浮かぶのは、日本で唯一紙幣を発行することができる「日本銀行(日銀)」かもしれません。

それ以外にも、私たちが普段よく利用している銀行である、大手銀行の「都市銀行(都銀)」や全国各地の地方都市の銀行である「地方銀行(地銀)」があります。

それぞれの銀行の規模や経営の理念は異なりますが、いずれの場合も「銀行法」に基づいて運営される株式会社であるという点は同じです。

主な取引先は大企業であり、事業においては株主の利益が優先されるのが大きな特徴になります。

もちろん、社会の経済を活性化させるという重要な役割を担っていることは間違いありませんが、利益重視というのが基本の姿勢になると理解しておいてよいでしょう。

信用金庫法に支えられる銀行

これに対して、信用金庫の場合は「信用金庫法」に基づいて運営されている金融機関であり、銀行のような株式会社ではなくて非営利法人という位置付けになっています。

地域の人々が互いに地域の繁栄を図る相互扶助を行うことを目的とされているため、事業においては誰かの利益を優先させるのではなく、地域社会の利益に繋がるかどうかが最優先されるのが信用金庫です。

営業地域に関しても一定の地域に限定されているので、まさに地域密着型の金融業を行っていると理解しておくとよいでしょう。

銀行に比べると公共性が高く、信用金庫の存在のおかげで事業が成り立っているという中小企業や個人事業主が非常に多いのが現状です。