信用金庫の営業の仕事

信用金庫の営業マン

信用金庫の代表的な仕事として、営業の業務があります。

銀行の営業マンと同じように取引先のもとを回って金銭的なサポートに関する提案をしたり相談に乗ったりするのが仕事ですが、銀行との違いは取引先が中小企業の経営者や個人事業主に限られるということでしょう。

基本的には先方の仕事の都合に合わせてアポを取り、スケジュールを組んで動きますが、ときには飛び込みで営業をすることもあります。

また、担当エリアも限られた地域になるので小回りの利く軽自動車やバイクなどで町中を走り回ることが多いようです。

地域密着型の仕事をするため、その町の歴史やしきたり、行事、人間関係などを把握し、顧客から信頼を得られる存在になることが何よりも大切です。

営業マンの仕事内容

信用金庫の営業マンが取引先に提案するのは「預金」や「生命保険」に加えて「投資信託」や「住宅ローン」などがあります。

顧客の仕事の内容をよく理解したうえで、資産の状況や悩み、今後の展望などをしっかりヒアリングし、リスクのない範囲での商品をお勧めするのが営業マンの役割となります。

金融に関する知識だけではなく、不動産や法律に関する知識、顧客の商売に関する知識など、さまざまな知識が必要とされます。

営業マンの苦労とやりがい

仕事で扱う商品はいずれも大きな金額のお金が動くものばかりなので、信用金庫の営業の仕事では常に緊張感がつきまといます。

また、取引先が高齢であったり金融に関して全く知識がなかったりする場合は、商品をわかりやすく説明するだけでも大変な苦労が伴うようです。

その分、的確な提案によって相手の資産にプラスになる働きができたときには「あなたに任せてよかった」とか「頼りになりますね」とか「これからもよろしくお願いします」と労われることも多いのです。

信頼関係ができれば一緒にお酒の席を楽しんだり休日にゴルフに出かけたりすることもあり、長く親しくお付き合いできることもあります。