信用金庫社員のつらいこと、大変なこと、苦労

小さなミスも許されない緊張感

信用金庫や銀行など金融機関で働く人にとって共通の苦労は、「お金を扱う責任」と向き合い続けなければいけないということでしょう。

窓口での振り込みや預金の業務を担当する人も、顧客の融資の相談や審査を担当する人も、営業先で金融商品のセールスを担当する人も、仕事においては小さなミスも許されません。

お金の計算間違いや書類の記入の間違いなどは後々大きなトラブルや責任問題に発展するので、仕事においては細やかなチェックを怠らないことが重要です。

勤務中はずっと緊張している、大金を扱うときは精神的なプレッシャーが大きい、と感じている人もいるようです。

これは金融機関で働く人の宿命ともいえるでしょう。

ときには力が及ばないことも

信用金庫の取引先は、地域の中小企業や個人事業主です。

大企業のような後ろ盾がない分、一度経営に行き詰まると一気に廃業に追い込まれてしまうケースも珍しくなく、ときには信用金庫のサポートが及ぶ前に倒産してしまうこともあります。

狭い地域であるだけに、倒産した後の会社の社長や家族の生活が視界に入ることもあり、力が及ばなかったことを悔やみ続けることもあります。

これは信用金庫で働く社員にとって無念さを感じる瞬間です。

できる限りこうしたことが起きないように、信用金庫の社員は迅速で的確な対応をめざして日々働いています。

勉強し続けることが大切

金融業界で働く人は、この分野の専門知識を持っていることが求められます。

内定が決まった段階から大量の課題が出されることが多く、入社後はさまざまな研修を受けながら資格の取得をめざすことになります。

金融業界の変化はめまぐるしいものがあり、信用金庫で取り扱う金融商品も毎年新しいものが加わるため、常に勉強を続けているという人も珍しくありません。

「財務」「証券」「税務」「年金」などあらゆる分野に関心を持って勉強を続けられる人でなければ、この業界で長く活躍することは難しいでしょう。

信用金庫で働くのが辛い場合は、転職を考えることも大切

信用金庫では、絶えず勉強し続けなければならず、またノルマに追われることもあるため、辛いと感じる機会は少なくありません。

信用金庫で働くことが辛いと感じてしまっている場合は、他業界への転職を考えることも大切であると言えます。

実際に転職を考える際は、キャリアコンサルタントが現状の悩みをヒアリングして、転職するべきかどうかのアドバイスもしてくれるリクルートエージェンシーに相談してみるのも一つの方法です。