信用金庫社員に必要な資格、スキル

金融業界で必要な資格

信用金庫で働く上で必要な資格は、金融や不動産、法律に関する資格です。

代表的なものを挙げるとするのであれば「ファイナンシャルプランナー」という日本FP協会が認定している民間資格が挙げられるでしょう。

ファイナンシャルプランナー、通称FPの資格では金融や証券、保険や年金など、金融業界で働く人にとって基礎的な知識となることが幅広く問われます。

試験は独学でも受けることができ、最近では大手の通信教育で人気を集める講座としても有名です。

信用金庫への就職をめざすのであれば、採用前に取得をめざしておいても損はないでしょう。

簿記や宅建の資格が生かせることも

仕事の内容にもよりますが、「日商簿記」や「宅建」などの資格が生かせることもあります。

信用金庫にとっての取引先は中小企業の経営者や個人事業主になるので、顧客の経営状況や問題点を把握するためには経営や不動産の知識が重要となることがあるのです。

大学の経済学部や経営学部、商学部に進学すれば必然的にこのような勉強をする機会ができるので、早い段階で資格が取得できることがあります。

重要なコミュニケーションスキル

信用金庫の役割は地域密着型の金融サービスを行うことで地域の経済を支えることです。

業務では、地域の人たちと密接に関わることになります。

特に窓口業務や営業の担当者の場合、顧客との信頼関係を築き上げて「この人になら任せられる」と思ってもらえるようになることが大きなポイントです。

金融に関する知識を磨くだけではなく、普段から世間話の中で相手の性格や好きなものなどを把握できるようにしたり、自分の提案をわかりやすく伝えたりするためのコミュニケーションスキルを磨いたりすることが何よりも求められます。

また、地元で活躍する経営者の中には方言を使う人や地域のしきたりを大事にする人も多いので、その土地のことをよく勉強して上手に溶け込んでいくことができるようなスキルがあれば、多くの人から重宝される人材となれるでしょう。