造園施工管理技士の給料・年収

平均年収

造園施工管理技士は、おもに造園会社や、建築・土木会社の造園部門などに勤務しています。

勤務先によって給料や年収には違いが出てきますが、この仕事は技術職であるため、経験やスキルがある人ほど多くの収入を得やすい傾向があります。

造園施工管理技士の資格は実務経験を積まないと取得できないことから、それなりの経験がある人が働いており、一般の職人に比べると収入はやや高めとなっているようです。

平均年収は300~650万円くらいとされており幅がありますが、実力のある造園施工管理技士になると、業界内では高収入を得ることも可能になります。

資格手当の支給も

造園施工管理技士は、1級と2級の資格があり、それぞれの資格を持っていることで資格手当が支給される会社が多いようです。

2級で月に3千円~5千円程度、1級になると月に1万円~2万円程度の資格手当が出るほか、試験合格時には報奨金が別途支払われる場合もあります。

会社によっては、上記以上の資格手当を支給しているところもあり、資格を取得することによって給料をさらにアップさせることができる仕事といえます。

年収をアップさせるには

造園施工管理技士は、おもに個人邸の造園を手掛ける人と、公共事業に関わっていく人に分かれます。

前者の場合は、資格以上にその人自身の「腕」がとくに重視されやすく、個人の庭師として活躍する人もいます。

ベテラン職人になることで、高いお金で仕事を請け負うこともできるようになるでしょう。

一方、後者の場合は、そういった事業を手掛ける企業に就職し、さまざまな案件を経験しながら社内でステップアップを目指すのが一般的です。

職人としての腕を上げることはもちろんですが、チームをまとめていったり、部下の育成などにも携わるためのマネジメントスキルを磨いて管理職としての役割も担えるようになると、年収を上げていきやすくなるでしょう。